ジョン・アベルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・アベルソンJohn Abelson, 1939年 - )は、生化学生物物理学遺伝学を専門とするアメリカ合衆国分子生物学者カリフォルニア工科大学で教授を務めた。

1960年ワシントン州立大学物理学の学士号を取得し、1965年ジョンズ・ホプキンス大学生物物理学の博士号を取得した。その後、イギリスのケンブリッジにある分子生物学研究所でポスドク研究員を務めた。1968年カリフォルニア大学サンディエゴ校で教職を得る。

1982年、アベルソンはカリフォルニア工科大学に移動する。1991年生物学部の学部長およびジョージ・ビードル生物学教授に就任。2002年に退職し、現在はサンフランシスコで妻のクリスティーン・ガスリーと働いている。ガスリーもまた生化学者、遺伝学者で、カリフォルニア大学サンフランシスコ校RNAを研究している。

アベルソンはRNAスプライシングの解明に重要な貢献を残した。1985年全米科学アカデミーの会員に選ばれた。

備考[編集]

叔父のフィリップ・アベルソンは物理学者で、サイエンス誌の往年の編集者だった。叔母のネヴァ・マーティン・アベルソンRh因子血液検査の共同考案者だった。

外部リンク[編集]