ジョン・アップダイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ホイヤー・アップダイクJohn Hoyer Updike, 1932年3月18日 - 2009年1月27日)は、アメリカの作家・詩人。ペンシルベニア州シリングトン出身。息子のデヴィッド・アップダイクも作家。

経歴[編集]

ハーヴァード大学を卒業後、『ニューヨーカー』誌のライターを経て作家となる。「ウサギ」ことハリー・アングストロームを主人公とした『走れウサギ』『帰ってきたウサギ』『金持になったウサギ』『さようならウサギ』の4部作に代表される都会的で知的な作風が魅力で、アメリカ内外の読者に人気がある。『ケンタウロス』で全米図書賞、『金持になったウサギ』でピューリッツァー賞全米図書賞全米批評家協会賞 の全米三大文学賞をすべて、『さようならウサギ』で再びピューリッツァー賞と全米批評家協会賞を受賞し、初期の短編を集めた『The Early Stories』でペン/フォークナー賞を受賞。

2009年1月27日、マサチューセッツ州にて肺ガンにより76歳で死去。

主な作品[編集]

1989年11月、ブッシュ大統領夫妻からアメリカ国民芸術勲章を授与されるジョン・アップダイク(左)
  • 『プアハウス・フェア』"The Poorhouse Fair", 1959年
  • 『同じ一つのドア』"The Same Door", 1959年
  • 走れウサギ"Rabbit, Run", 1960年
    • 宮本陽吉訳 白水社 1964 のちUブックス
  • 『鳩の羽根』"Pigeon Feathers and Other Stories", 1962年
  • アプダイク作品集 鮎川信夫訳 荒地出版社 1969
  • 『ケンタウロス』"The Centaur", 1963年
    • 寺門泰彦,古宮照雄訳 白水社 1968
  • 『農場』"Of the Farm", 1965年
  • 『一人称単数』"Assorted prose", 1965年
  • 寺門泰彦訳 新潮社 1977
  • 『ミュージック・スクール』"The Music School", 1966年
    • 須山静夫訳 新潮社 1970
  • 『カップルズ』"The Couples", 1968年
    • 宮本陽吉訳 新潮社 1970 のち文庫
  • 老瘋院の祭り 平野幸仁訳 太陽社 1970
  • 『ベック氏の奇妙な旅と女性遍歴』"Bech", 1970年
  • 『帰ってきたウサギ』"Rabbit Redux", 1972年
  • 『日曜日だけの一カ月』"A Month of Sundays", 1975年
    • 井上謙治訳 新潮社 1988
  • 『結婚しよう』"Marry Me", 1976年
  • 美術館と女たち 宮本陽吉訳 新潮社 1980
  • 『クーデタ』"The Coup", 1978年
  • アメリカの家庭生活 短編小説集 大津栄一郎訳 講談社 1985
  • 『メイプル夫妻の物語』"Too Far to Go", 1979年
    • 岩元巌訳 新潮文庫 1990
  • 『金持になったウサギ』"Rabbit is Rich", 1981年
    • 井上謙治訳 新潮社 1992
  • 『イーストウィックの魔女たち』"The witches of Eastwick", 1984年
  • 『美しき夫たち』"Trust Me", 1987年
    • 沼沢洽治訳 筑摩書房 1993
  • アップダイクの世界文学案内 中尾秀博訳 東京書籍 1994
  • アップダイク自選短編集 岩元巌訳 新潮文庫 1995
  • 『さようならウサギ』"Rabbit at Rest", 1990年
    • 井上謙治訳 新潮社 1997
  • 『ブラジル』"Brazil", 1994年
    • 寺門泰彦訳 新潮社 1998
  • 『ゴルフ・ドリーム』"Golf Dreams", 1996年
    • 岩元巌訳 集英社 1997
  • ラビット・アングストローム(ウサギ4部作)井上謙治訳 新潮社 1999
  • 十月はハロウィーンの月 長田弘訳 みすず書房 2000
  • 『ガートルードとクローディアス』"Gertrude and Claudius", 2000年
  • 終焉 風間賢二訳 青山出版社 2004
  • 『テロリスト』"Terrorist", 2006年

参考文献[編集]

  • ジャック・ドベリス著 鈴江璋子訳『ジョン・アップダイク事典』雄松堂出版 2007年