ジョワドヴィーヴル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョワドヴィーヴル
Joie-de-Vivre20111211(1).jpg
英字表記 Joie de Vivre
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2009年5月13日
死没 2013年5月29日(4歳没)
登録日 2011年5月4日
ディープインパクト
ビワハイジ
母の父 Caerleon
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 サンデーレーシング
調教師 松田博資栗東
競走成績
生涯成績 6戦2勝
獲得賞金 8194万8000円(2012年3月3日現在)
勝ち鞍 GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2011年)
テンプレートを表示

ジョワドヴィーヴルJoie de Vivre)は日本競走馬である。馬名の由来は、フランス語で「生きる喜び」[1][2][注 1]。主な勝ち鞍は2011年阪神ジュベナイルフィリーズ。半姉にGI(JpnI)6勝のブエナビスタがいる。

経歴[編集]

2歳(2011年)[編集]

Joie-de-Vivre20111211(2).jpg

11月12日京都競馬場の芝1600mの新馬戦福永祐一とのコンビでデビューし、単勝1番人気に応えて勝ち上がる。

次走、12月11日の阪神ジュベナイルフィリーズには、抽選(15分の6)を突破して出走した。レースでは先行した人気馬を見るように馬群中団を追走し、最後の直線で一気に突き抜けて優勝、ビワハイジとの母子制覇およびブエナビスタとの姉妹制覇を達成した。また、デビューから2戦目でGI競走に勝利したのはグレード制導入後は史上初である[注 2]

この勝利により、当年のJRA賞最優秀2歳牝馬に選出された[3]

3歳(2012年)[編集]

3月3日チューリップ賞に単勝1.3倍の圧倒的1番人気で出走。レースは6番手で進め最後の直線で馬場の内を狙うが伸び切れずハナズゴールの3着に敗れた。4月8日の桜花賞も1番人気に推されるも、直線思ったほど伸びず6着に敗れた。レースの後、数日を経て右第1趾骨近位骨折の故障が発生し、6ヶ月以上の休養期間を要することが4月13日に厩舎サイドから発表された[4]

4歳(2013年)[編集]

2月10日京都記念で10ヶ月ぶりに復帰したが、7着に敗れた。3月9日中日新聞杯は後方から追い込むも6着に敗れた。5月12日ヴィクトリアマイルは、後方4~5番手から上がり33.3の末脚を繰り出すも4着に敗れた。

そして5月29日の朝、6月1日に行われる鳴尾記念に出走するべく栗東トレーニングセンターのウッドコースで調教していたが、その途中で異常が発生したため、調教を中止した。急ぎ診療所で診察を受けた結果、左後肢の下腿骨を開放骨折していたため、予後不良との診断が下り、その場で安楽死の処置がとられた[5]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2011.11.12 京都 2歳新馬 芝1600m(良) 18 5 9 1.3(1人) 1着 1:36.7(34.1) -0.2 福永祐一 54kg (テムジン)
0000.12.11 阪神 阪神JF GI 芝1600m(良) 18 7 13 6.8(4人) 1着 1:34.9(34.1) -0.4 福永祐一 54kg アイムユアーズ
2012.03.03 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(良) 14 4 5 1.3(1人) 3着 1:36.0(34.8) 0.5 福永祐一 54kg ハナズゴール
0000.04.08 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 8 17 2.3(1人) 6着 1:35.2(34.6) 0.6 福永祐一 55kg ジェンティルドンナ
2013.02.10 京都 京都記念 GII 芝2200m(良) 11 7 8 9.9(7人) 7着 2:13.9(35.2) 1.4 福永祐一 53kg トーセンラー
0000.03.09 中京 中日新聞杯 GIII 芝2000m(良) 18 6 11 9.0(6人) 6着 2:00.0(34.9) 0.4 戸崎圭太 54kg サトノアポロ
0000.05.12 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 2 3 13.7(4人) 4着 1:32.6(33.3) 0.2 川田将雅 55kg ヴィルシーナ
  • 競走成績は2013年5月12日現在

血統表[編集]

ジョワドヴィーヴル血統サンデーサイレンス系 / Hail to Reason 4×5=9.38%、Northern Dancer 5×4=9.38%、Turn-to 5×5=6.25%)

ディープインパクト
2002 鹿毛
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

ビワハイジ
1993 青鹿毛
Caerleon
1980 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Foreseer Round Table
Regal Gleam
*アグサン
Aghsan
1985 青毛
Lord Gayle Sir Gaylord
Sticky Case
Santa Luciana Luciano
Suleika F-No.16-c

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本で震災が起こった後に、日本への思いをこめてクリストフ・スミヨン騎手が命名した。
  2. ^ グレード制導入前にデビュー2戦目で大レースに勝利した例としては、三冠馬セントライトの横浜農林省賞典四歳呼馬(現在の皐月賞)などがある。

出典[編集]

  1. ^ 馬名の由来(3頁、愛馬番号84144) サンデーサラブレッドクラブホームページ
  2. ^ 細江純子 twitter
  3. ^ 「2011年度JRA賞」決定! JRAホームページ
  4. ^ 2歳女王ジョワドヴィーヴルが骨折 サンケイスポーツ 2012年4月13日閲覧
  5. ^ ジョワドヴィーヴル安楽死!調教中に骨折 日刊スポーツ 2013年5月29日閲覧

外部リンク[編集]