ジョルスン物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルスン物語
The Jolson Story
監督 アルフレッド・E・グリーン
脚本 スティーヴン・ロングストリート
ハリー・チャンドリー(脚色)
アンドリュー・ソルト(脚色)
シドニー・ブックマン[1]
製作 シドニー・スコルスキー
シドニー・ブックマン[1]
出演者 ラリー・パークス
イヴリン・キース
ウィリアム・デマレスト
音楽 モリス・W・ストロフ
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ウィリアム・リオン
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1946年10月10日
日本の旗 1950年9月22日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,800,000[2]
テンプレートを表示

ジョルスン物語』(ジョルスンものがたり、The Jolson Story)は1946年のアメリカ合衆国の映画

世界初のトーキー作品である映画『ジャズ・シンガー』の主演俳優として知られる歌手で俳優のアル・ジョルソンの半生を描いたミュージカル映画である。なお、本作の公開当時、ジョルソン本人は存命中であり(4年後に死去)、主演のラリー・パークスの歌声はジョルソンによる吹き替えである。

第19回アカデミー賞において6部門でノミネートされ、2部門で受賞した(詳細は後述)。

ストーリー[編集]

戒律の厳しいユダヤ人の家庭に育った少年エイサ・ヨルセンは、旅芸人スティーヴ・マーティンに才能を認められ、父の反対を押し切って芸人となる。

後に芸名を「アル・ジョルソン」と変えたエイサは長い下積みを経てブロードウェイの大スターとなる。そしてハリウッドにも進出したジョルソンは女優のジュリーと結婚し、夫婦揃ってスターとして活躍するが、田舎での穏やかな暮らしを望む妻の希望を叶えるために引退する。 しかし、引退後も変わらぬ人気を誇るジョルスンのショービジネスへの熱い想いに気付いたジュリーは、彼のもとを去る。

登場人物[編集]

史実との違い[編集]

ジョルソンの妻となるジュリー・ベンソンのモデルはジョルソンの3番目の妻ルビー・キーラー (Ruby Keelerであるが、最初と2番目の妻(いずれも離婚)については全く描かれず、ジュリー(ルビー)との結婚が初婚であるように描かれている。またジョルソンとルビーとの間には子供が1人いるが、その存在についても描かれていない。

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 主演男優賞 ラリー・パークス ノミネート
助演男優賞 ウィリアム・デマレスト
ミュージカル音楽賞 モリス・W・ストロフ 受賞
録音賞 コロンビア・スタジオ・サウンド部
撮影賞(カラー) ジョセフ・ウォーカー ノミネート
編集賞 ウィリアム・A・リオン
カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。
  2. ^ The Jolson Story (1946) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年2月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]