ジョルジ・リカルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジ・リカルド
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 リオデジャネイロ
生年月日 1961年9月30日(53歳)
騎手情報
初免許年 1976年
免許区分 平地競走
通算勝利 12102勝
テンプレートを表示


ジョルジ・リカルド(JORGE A. Ricardo 1961年9月30日-)は、ブラジルリオデジャネイロ出身の騎手

拠点はブラジルアルゼンチンの2カ国で、ラッセル・ベイズ(アメリカ)と、世界最多勝騎手を争う世界屈指の名騎手。

略歴・人物[編集]

父・アントニオ・アルフレッドも騎手という競馬一家に生まれ、1976年、地元のリオデジャネイロガベア競馬場で初騎乗。

1982年ブラジルジョッキークラブ大賞(日本の菊花賞に相当するGI)を勝ち、GI初制覇。同年から2006年まで25年連続でリオデジャネイロ州の首位騎手に君臨。

1993年サンドピットクルセイ・ド・スル賞(ブラジルダービー)初制覇。1994年にはマッチベターで、サンパウロシダーデジャルディン競馬場で行われるサンパウロ大賞(日本で言う有馬記念に相当するGI)と、ガベア競馬場で行われるブラジル大賞(日本で言う天皇賞に相当するGI)を制覇、さらにアルゼンチンへ渡って、ブエノスアイレス郊外のサンイシドロ競馬場で行われる、カルロスペレグリーニ大賞(欧州で言うキングジョージ凱旋門賞に相当するGI)を制覇。

2004年、ゴリラでカルロスペレグリーニ大賞を制覇。

2007年にはアルゼンチンで年間440勝を挙げてアルゼンチンの国内記録を更新。

2008年1月9日、サンイシドロ競馬場で世界初の通算10000勝を達成。

2010年3月にブラジル・シダーデジャルディン競馬場(サンパウロ州)で行われたGIラテンアメリカンジョッキークラブ&同競馬場協会大賞で落馬負傷し、現在は療養中。

主な優勝レース[編集]

ブラジル
  • ブラジルジョッキークラブ大賞(1981)
  • クルセイ・ド・スル賞(ブラジルダービー)(1992・2001)
アルゼンチン

外部リンク[編集]