ジョルジョ・ロッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジョ・ロッカ
Giorgio Rocca.jpg
名前
本名 Giorgio Rocca
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
種目 アルペンスキー
所属 C.S. Carabinieri
生年月日 1975年8月6日(38歳)
生誕地 スイスの旗 スイスクール (グラウビュンデン州)
居住地 イタリアの旗 イタリアリヴィーニョ
身長 182cm
体重 93kg
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1996年
引退年 2010年
総合優勝 種目別回転(2005-2006)
最高成績 13位(2005-2006)
通算成績 W杯通算11勝、表彰台回数22回
 
獲得メダル
アルペンスキー世界選手権
2003 St. Moritz 回転
2005 Bormio 回転
2005 Bormio アルペン複合

ジョルジョ・ロッカGiorgio Rocca1975年8月6日 - )はイタリアアルペンスキー選手。主に回転競技で活躍した。スキーはアトミックを使用していたが、2007年4月サロモンと契約したことが発表された。現在はリヴィーニョ在住。

経歴[編集]

1975年8月6日、スイスクール生まれ。

1996年1月に、オーストリアフラッハウ大会でワールドカップデビューしたがこのレースでを負傷し、1年間のブランクを経験。1997年3月9日に日本志賀高原大会の回転のレースで23位となりワールドカップ初ポイントを獲得した。

1998年11月28日、ワールドカップアスペン大会で自身初のシングルとなる9位に入賞。年が明けた1999年1月24日、ワールドカップキッツビュール大会で3位になり、自身初の表彰台に立った。

2002年ソルトレイクシティオリンピック代表に選ばれたが、大回転26位、回転は一本目途中棄権に終わった。

2003年1月19日の、ワールドカップウェンゲン大会で初優勝。2本目のラップを奪った日本の佐々木明がわずか0.04秒の2位に入った。同年サンモリッツで行われた世界選手権では銅メダルに輝く。再開されたワールドカップではヨンピョン大会で2位、続く志賀高原大会で3位に入賞した。そしてワールドカップ最終戦のリレハンメル大会では2勝目を挙げた。2002-2003シーズン回転総合ランキングは4位でシーズンを終えた。

2003年11月、ワールドカップ開幕戦のパークシティ大会で4位に入り、マドンナ・ディ・カンピーリオ大会で2位、年が明けた2004年フラッハウ大会でも3位と入賞を重ねる。次のシャモニー大会ではシーズン初優勝を決めた。2003-2004シーズン回転総合ランキングでは2年連続の4位。

2004年、開幕戦ビーバークリーク大会で2位表彰台に立ち、年が明けた2005年フラッハウ大会でシーズン初優勝。続くシャモニー大会も制し2連勝する。その後、クランスカ・ゴーラ大会で3勝目。2004-2005シーズン回転総合ランキングでは、3年連続の4位だった。

2005年12月4日のワールドカップビーバー・クリーク大会から、マドンナ・ディ・カンピーリオ大会、クランスカ・ゴーラ大会、年が明けた2006年アーデルボーデン大会、そしてウェンゲン大会まで5戦連続優勝を達成。2005-2006シーズンの回転総合優勝を決めた。回転のランキング1位で臨んだ地元開催のトリノオリンピック選手宣誓を務める。普段出場している回転の前に、複合に出場し5位という成績を残す。期待された回転では、1番スタートというチャンスだったが、1本目で転倒し途中棄権した。

2006年、開幕戦のレヴィ大会で3位に入ったが、その後は不調が続いた。2006-2007シーズン種目別ランキングは11位。

2010年1月、バンクーバーオリンピック代表を逃した事もあり、現役を引退した。 ワールドカップ通算11勝(※全て種目は回転)。

外部リンク[編集]