ジョルジュ=ルイ・ルクレール・ド・ビュフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビュフォン伯の肖像画

ビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレール(Georges-Louis Leclerc, Comte de Buffon 、1707年9月7日 - 1788年4月16日)は、フランス博物学者数学者植物学者である。

ビュフォンはモンバールコート・ドールに生まれた。父親はディジョンとモンバールの領主であった。

彼ははじめ数学の分野で有名になり、確率論の分野に、微分積分の概念を導入した。スイスの数学者ガブリエル・クラメールと手紙のやり取りをした。モンテカルロ法のルーツとなった「ビュフォンの針」の問題で知られる。

パリに出て、ヴォルテールらの知識人と交流し、27歳でフランス科学アカデミーに入会した。1739年からパリ植物園の管理者になった。ビュフォンが園長を務める間に、パリ植物園は王の庭園から研究機関、博物館、公園に変え、多くの世界中の植物を集めた。1740年にロンドン王立協会のフェローに選出された[1]

ビュフォンは、1749年から1778年までに36巻が刊行され、ビュフォン没後にラセペードによって8巻が追加された『一般と個別の博物誌 Histoire naturelle, generale et particuliere』の著者としても著名である。これはベストセラーとなり、博物学や科学思想の発展に影響を及ばした。

『博物誌』の中の1778年に刊行された『自然の諸時期 Les Epoques la Nature』の巻では、太陽系の起源について考察し、ビュフォンは惑星は、太陽彗星が衝突して形成されたという説を述べた。また地球の年齢をの冷却率から75,000年だと推定した。これは、17世紀のアイルランド司教ジェームズ・アッシャーが、聖書の記述をもとに天地創造までの時間を計算して求めた、地球の起源が紀元前4004年に始まるという説を否定するものであった。ノアの洪水伝説があったことも否定したが、自らが無神論者であることは否定した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Leclerc; Georges Louis (1707 - 1788); Count of Buffon” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年4月28日閲覧。

参考文献[編集]