ジョルジュ・ランジュラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・ランジュラン(George Langelaan, 1908年1月19日 - 1972年2月9日)は、イギリス国籍のフランス語作家。

イギリス人の両親の間にパリで生まれ、父の仕事の都合上、ロンドンとパリを往復しつつ育った。結果、英語・フランス語のバイリンガルとなる。ジャーナリストを経て、第二次世界大戦では語学的技能を生かしSOE(イギリスの諜報機関)のエージェントの職を経験する。

戦後はフランスで記者生活に戻る。その傍ら、フランス語で創作を始めた。代表作は中編『蝿』(La Mouche, 1957年)。これは物質電送を試みた天才科学者とその妻の悲運を描いたSF的作品で、2度にわたり映画化もされた(『ハエ男の恐怖』1958年、『ザ・フライ』1986年)。実体験を元にスパイ小説も書いている。

著作リスト[編集]

  • Torpillez la torpille (1964) 『魚雷をつぶせ』早川書房(1965年)
  • Nouvelles de l'Anti-Monde (1962) 『蝿』早川書房(1965年)
    • La Mouche 「蝿」
    • Le Miracle 「奇蹟」
    • Chute dans L'oubli 「忘却への墜落」
    • La Dame D'outre-Nulle Part 「彼方のどこにもいない女」
    • Le Tiger Récalcitrant 「御しがたい虎」
    • L'autre Main 「他人の手」
    • De Fauteuil en Deduction 「安楽椅子探偵」
    • La Tournée du Diable 「悪魔の巡回」
    • La Derniére Traversée 「最終飛行」
    • Robots Pensants 「考えるロボット」

ほか、未訳作品多数。

参考資料[編集]

  • 『蝿(異色作家短篇集 16)』(早川書房、1965年)の巻末「訳者あとがき」(稲葉明雄

外部リンク[編集]