ジョルジュ・ラコンブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・ラコンブ(Georges Lacombe、1868年6月18日 - 1916年7月29日)は、フランス画家彫刻家

ヴェルサイユの裕福な家庭に生まれる。親から厳格な宗教教育を受ける。後に反聖職者となる。アカデミー・ジュリアンアルフレッド・ロールアンリ・ジェルベクスから芸術を学ぶ。そこで1892年にエミール・ベルナールポール・セリュジエと出会いナビ派の一員になる。ナビのメンバーの多くと同じく1888年から1897年まではブルターニュに住む。ナビの彫刻チームにも所属。1916年、アランソンにて結核で死去。48歳。

絵画[編集]

  • 赤土の森 Forêt au sol rouge (1891)
  • 黄色い海 Mer jaune (1892)
  • 青海の波及 Marine bleue, Effet de vagues (1893)
  • Le Nabi à la barbe rutilante (portrait de Paul Sérusier) (1894)
  • ヘーゼルナッツ採集の秋 Automne, les Ramasseurs de noisettes (1894)

彫刻[編集]

  • Marie Madeleine (1897)
  • Les têtes des personnages de la pièce de guignol pour vieux enfants (1902)
  • Buste de Paul-Élie Ranson (1910)