ジョルジュ・ユイスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ユイスマン
Georges Huisman
Rdv avec chance G.Huisman.jpg
La Sélection française et Rendez-vous avec la Chance
誕生 1889年
死没 1951年
フランスの旗 フランス
ヴァル=ドワーズ県ヴァルモンドワ
職業 歴史学者政治家
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動 カンヌ国際映画祭
子供 ドニ・ユイスマン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョルジュ・ユイスマンGeorges Huisman, 1889年 - 1951年)は、フランス歴史学者アグレジェ歴史学)、政治家である。カンヌ国際映画祭を創設し、1946年の第1回以降、1949年の第3回まで連続で審査委員長を務めた。

人物・来歴[編集]

1889年に生まれる。

1929年、息子のドニが生まれる。

商務省の内閣書記官長、ついで、ポール・ドゥメール元老院議長の官房長官を務めている。ドゥメールが1931年に共和国大統領に選ばれたときに、ユイスマンは官房長官に留まった。ドゥメールが暗殺された後、アルベール・ルブランが大統領に当選し、ユイスマンは、エコール・デ・ボザール学長としての業務を待機している期間に、アンドレ・マーグルに代わって元老院議長の官房長官に就任した。

その後、急進社会党エドゥアール・ダラディエ内閣のもとでは、ジャン・ゼーによってエコール・デ・ボザール学長としての実務を執行するよう選択された。ユイスマンはフランス国内における映画の普及に協力し、とくに1939年(昭和14年)には、「カンヌ国際映画祭」を創設し、実現に取り組んだが、同年、ドイツのポーランド侵攻が起き、戦況を鑑みて断念した。1940年には、マシリア号に乗り込んでいる。

マルセイユへ帰還し、ルイ=シャルル・ベレーの協力を得て、アルビ近くの農家で18か月間隠れ住んだ。1942年にドイツ軍によって捕縛されたが、小説家のロラン・ドルジュレスに救出された。

第二次世界大戦後の1946年、第1回カンヌ国際映画祭を開催することができ、ユイスマンは審査委員長に就任した。翌1947年の第2回、1949年の第3回でも、審査委員長を務めた。

1951年ヴァル=ドワーズ県ヴァルモンドワで死去した。満61-62歳没。同年4月3日から開催された第4回カンヌ国際映画祭の審査委員長には、小説家のアンドレ・モーロワが務め、以降は毎年新しい審査委員長が選出されることとなった。

おもなビブリオグラフィ[編集]

  • Art et esthétique, Melinc, 152 p., 1923.
  • Pour comprendre les monuments de Paris, Paris, Hachette, 1925.
  • Histoire générale de l'art, Dir., Paris, Aristide Quillet, 4 volumes, 1938.
  • Récits et épisodes de la Révolution française, avec Marcelle Huisman, Paris, Fernand Nathan, 1962 / 1991, Trésors des provinces de France, ISBN 2092045229
  • Contes du Moyen-Âge français, avec Marcelle Huisman, Paris, Nathan, 1958 / 2003, Pocket junior mythologies, ISBN 2266065270

関連事項[編集]

[編集]

  • Georges Huisman par quelques uns de ses amis, Georges Huisman, 1950