ジョルジュ・ビュルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・ビュルー(Georges Burou, 1910年 - 1987年)はモロッコに在住したフランス国籍の産婦人科医である。トランスウーマンのための陰茎陰嚢皮膚翻転法(性別適合手術)を確立したことで知られる。

ジョルジュ・ビュルーは1910年に当時フランス領であったアルジェリアに生まれ、1940年に、モロッコカサブランカに移住し、現地に「パルク診療所」(Clinique du Parc)を設けた。そして、アメリカ人医師との協力や研究を重ねて、1950年代後半に彼独自の陰茎陰嚢皮膚翻転法の基礎を確立した。その後フランスをはじめとして世界各国から、性別適合手術を希望するトランスウーマンがカサブランカの「パルク診療所」を訪れるようになる。

1973年にはスタンフォード大学医学部にて、その術法を公開し陰茎陰嚢皮膚翻転法がアメリカをはじめとして世界的に普及することとなった。しかしその時点で彼は600名以上のトランスウーマンのために性別適合手術を実施していた。彼は「私は男性を女性にするのではない、ただ外性器の形状を修正するのだ、大切なことは当事者の心の内にある。」という言葉を残している。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]