ジョルジュ・バタイユ ママン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・バタイユ ママン
Ma mère
監督 クリストフ・オノレ
脚本 クリストフ・オノレ
原作 ジョルジュ・バタイユ
『聖なる神』
製作 パウロ・ブランコ
ベルナール=アンリ・レヴィ
出演者 イザベル・ユペール
ルイ・ガレル
エマ・ドゥ・コーヌ
撮影 エレーヌ・ルヴァール
編集 Chantal Hymans
配給 日本の旗 アット エンタテインメント
公開 フランスの旗 2004年5月13日
日本の旗 2006年7月1日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
スペイン語
ドイツ語
テンプレートを表示

ジョルジュ・バタイユ ママン』(: Ma mère)は、2004年に製作され、日本では2006年に公開となったフランスの映画。原作は、ジョルジュ・バタイユの小説『聖なる神』。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

外部リンク[編集]