ジョルジュ・シュダンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・シュダンヌ(Georges Paul Chedanne 1861年9月23日 - 1940年12月30日)は、フランス建築家。19世紀末から20世紀初頭にかけて、優麗な曲線美や装飾を施す建築を手がける。

エコール・デ・ボザールジュリアン・ガデアトリエに所属、1887年、ローマ大賞。留学から帰国後はホテル建築などで活躍。柔和で穏やかなアール・ヌーヴォー的曲線を多用する一方、精緻な配置理論を展開した。

レオミュール街にあるオフィスビルについては、シュダンヌ名で建築許可申請が提出されているが、設計者はシュダンヌではないという説がある。

主な作品[編集]

  • リヴィエラ・パレスホテル、モンテカルロ、1899年
  • ロイヤル・パレスホテル、オーステンデ、1899年
  • テルミニュス・ホテル、リヨン、
  • エリゼ・パレスホテル、パリ、1899年
  • オーストリア・フランス大使館、ウィーン、1901年から1909年
  • メルセデス・ホテル、パリ、1903年から1909年
  • ギャルリー・ラファイェット百貨店オスマン通り店、1905年
  • ギャルリー・ラファイェット百貨店増築、1906年から1908年
  • ル・パリジャン新聞社、オフィスビル、1905年

参考文献[編集]

  • The Beaux-arts and Nineteen Century French Architecture, London, 1982