ジョルジュ・アペルギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・アペルギスGeorges Aperghis, 1945年12月23日 - )は、ギリシャ現代音楽作曲家。主として実験的な音楽演劇の分野で活動しているが、それ以外の多くの室内楽作品も作曲している。

略歴[編集]

ヤニス・クセナキスに師事し、音楽と演劇の集団であるATEM(Atelier Theatre et Musique)を設立した。後に女優のエディット・スコブと結婚し、フランスに住んでいる。彼の作品は、ヴィンコ・グロボカールと同様にしばしば非常に派手で自己顕示が強いが、暴力性がより低く、より演奏し易い。自宅はフランスのストラスブールにあった。

主な作品[編集]

  • Il gigante golia (1975/1990) for voice and orchestra
  • Histoire de loups (1976) opera
  • Recitations (1977-1978) for solo voice
  • Le Corps a Corps (1978) for a percussionist and his Zarb
  • En un tournemain (1987) for viola solo
  • Cinq Couplets (1988) for voice and bass clarinet
  • Triangle carre (1989) for string quartet and three percussionists
  • Simulacre (1991-1995) series of four pieces for voice and small chamber groupings
  • Sextuor (1992) opera for five female voices and 'cello
  • Crosswind (1997) for viola and saxophone quartet
  • Volte-face (1997) for viola solo
  • Die Hamletmaschine-oratorio (2000) for choir and orchestra with soloists
  • Rasch (2001) for violin and viola
  • Avis de tempete (2005) opera with chamber ensemble and electronics

外部リンク[編集]