ジョニー・トムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・トムソン
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1922年4月9日
没年月日 1960年9月24日(満38歳没)
F1での経歴
活動時期 1953 - 1960
過去の所属チーム カーティス・クラフト, Kuzma, Lesovsky, Nichels, Del Roy
出走回数 8
優勝回数 0
通算獲得ポイント 10
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 1
ファステストラップ 1
初戦 1953年のインディ500
最終戦 1960年のインディ500
テンプレートを表示

ジョニー・トムソン (Johnny Thomson, 1922年4月9日 - 1960年9月24日) は、アメリカ合衆国のレーシングドライバー。マサチューセッツ州ローウェル出身。「フライング・スコット the Flying Scot」の愛称で知られた。

経歴[編集]

ミジェット・カー[編集]

トムソンはミジェットカー・レースで32勝を挙げた後、1948年にUCOA ニューイングランドのタイトルを獲得した。1950年にも再びタイトルを獲得している。

1952年には AAA イースタン・ディヴィジョンのタイトルを獲得した。

チャンピオンシップ・カー[編集]

1953年からは AAA および USACチャンピオンシップ・カー・シリーズに参戦した。1960年までに69戦に出走し、その中には各年のインディ500も含まれた。トップ10完走は43回に上り、7勝を挙げている。インディ500では1959年の3位が最高であった。世界ミジェット選手権初代チャンピオンのロイ・シャーマンがトムソンのインディ500におけるチーフメカニックを何度か務めている[1]

トムソンはペンシルベニア州ラングホーンにおける100マイル (160km) ダートトラックレースを1時間未満でフィニッシュした最初のドライバーであった。そのときの平均速度は100.174マイル毎時であった[1]

スプリント・カー[編集]

トムソンは1958年に USAC スプリント・カー・シリーズのタイトルを獲得した。1954年にもイースタン・スプリント・カー選手権を獲得している。

1960年、トムソンはグレート・アレンタウン・フェアーで開催されたスプリント・カーのイベントでクラッシュ、車はフェンスを越えてフィールド内に宙返りし、死亡した[1]

1996年にトムソンは国際スプリント・カー殿堂入りした。1997年には国際ミジェットレーシング殿堂入りした。

インディ500の結果[編集]

車番 出走順位 平均速度 予選順位 完走順位 ラップ数 ラップリード リタイヤ理由
1953 56 33 135.262 33 32 6 0 Ignition
1954 43 4 138.787 12 24 165 0 Stalled
1955 44 33 134.113 33 4 200 0 Running
1956 88 18 145.549 2 32 22 0 Spun FS
1957 10 11 143.529 4 12 199 5 Flagged
1958 7 22 142.908 20 23 52 0 Steering
1959 3 1 145.908 1 3 200 40 Running
1960 3 17 146.443 3 5 200 10 Running
合計 1044 55
出走回数 8
ポールポジション 1
フロントロー 1
勝利数 0
トップ5 3
トップ10 3
リタイヤ回数 4

参照[編集]

  1. ^ a b c Biography at the National Midget Auto Racing Hall of Fame