ジョナス・カズラウスカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナス・カズラウスカス

ジョナス・カズラウスカスJonas Kazlauskas1954年11月1日 - )は、リトアニアパネベジス出身の元バスケットボール選手・指導者である。

来歴[編集]

BCリェトゥヴォス・リータスで選手として1979年の旧ソ連リーグ3位に貢献するなど活躍。

引退後、指導者に転身。1994年BCジャルギリスヘッドコーチに就任。1998-99ユーロリーグ優勝と5度のリーグ制覇に導く。

2000年、古巣リェトゥヴォス・リータスのヘッドコーチに就任。ここでも2001-02シーズンのリーグ優勝に導いた。

その間1997年から2001年までリトアニア代表も指揮し、シドニー五輪銅メダル獲得に導く。

2004年オリンピアコスBCヘッドコーチに就任。2006年まで務めた。

2004年には中国代表のアシスタントコーチに就任。後にヘッドコーチに昇格。

2008年北京オリンピックまで指揮を執っている。

2009年よりギリシャ代表のヘッドコーチ。

2011-12シーズンはロシアのPBC CSKAモスクワの監督を務めた。

関連項目[編集]