ジョナサン・ロメロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・ロメロ
基本情報
本名 ジョナサン・エッセホモ・ロメロ・プレシアド
通称 Momo
階級 スーパーバンタム級
身長 175cm
リーチ 174cm
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
誕生日 1986年12月14日(27歳)
出身地 サンティアゴ・デ・カリ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 23
KO勝ち 12
敗け 1
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

ジョナサン・ロメロJonathan Romero1986年12月14日 - )は、コロンビアプロボクサーサンティアゴ・デ・カリ出身。第19代IBF世界スーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

アマチュア時代ロメロは2006年に行われた中央アメリカ・カリブ海競技大会バンタム級部門で銅メダルを獲得した実績を持つ。

2008年に行われた北京オリンピックのボクシングバンタム級部門のコロンビア代表として出場している。

2009年5月15日、プロデビュー(初回KO勝ち)。

2010年6月25日、コリシオ・カリビエルトにて、コロンビアフェザー級王者ホセ・パルマと対戦し、3-0(97-93、97-93、99-93)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年2月5日、のちにWBA世界バンタム級王者亀田興毅に挑戦するマリオ・マシアスと対戦し、3-0(99-91、99-91、98-92)の判定勝ちを収め、空位だったWBOラテンアメリカスーパーバンタム級王座を獲得。この試合をきっかけに世界ランカー入りを果たす。

2012年9月21日、アメリカ進出2戦目。元NABF北米スーパーバンタム級王者でIBF世界スーパーバンタム級5位のエフレン・エスキビアスと対戦。勝利した選手にはノニト・ドネアが持つIBF・WBO統一世界スーパーバンタム級王座に挑戦する権利が与えられる試合だった。試合は終始ロメロペースで進み、アグレッシブに攻撃するエスキヴィアスを技巧で翻弄させ、7回終了時にゴングがなった後のヒッティングでエスキヴィアスが1点減点された。試合は3-0(119-108、120-107、119-108)の大差判定勝ちでロメロがドネアへの挑戦権を獲得した。

2013年2月16日、メキシコバハカリフォルニア州ティフアナにて、ドネアの王座返上に伴うIBF世界スーパーバンタム級王座決定戦でIBF世界同級1位のアレハンドロ・ロペスと対戦。両者互角の展開で12回にロメロがローブローで減点を食らったが、その影響は最小限だった。試合は判定までもつれ、2-1(112-115、115-112、116-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[1]

2013年8月14日、アトランティックシティにあるレベル・アトランティックシティにてIBF世界スーパーバンタム級15位のキコ・マルチネス(スペイン)と対戦し、プロ初黒星となる6回2分40秒TKO負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロメロ 2-1判定で戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」2013年2月17日
  2. ^ スペインに新王者 マルティネス、ロメロをTKO ボクシングニュース「Box-on!」2013年8月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


空位
前タイトル保持者
ノニト・ドネア
第19代IBF世界スーパーバンタム級王者

2013年2月16日 - 2013年8月17日

次王者
キコ・マルチネス