ジョナサン・ベンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・ベンダー
Jonathan Bender
名前
本名 Jonathan Rene Bender
ラテン文字 Jonathan Bender
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1981年1月30日(33歳)
出身地 ミシシッピ州ピカユーン
身長 213cm
体重 104kg
選手情報
ポジション SF/PF
ドラフト 1999年 5位
経歴
1999-2006
2009-2010
インディアナ・ペイサーズ
ニューヨーク・ニックス

ジョナサン・ベンダーJonathan Rene Bender, 1981年1月30日 - )はミシシッピ州ピカユーン出身のバスケットボール選手[1]NBAインディアナ・ペイサーズニューヨーク・ニックスで10シーズンプレーした[1]。身長213cm、体重104kg。ポジションはフォワード。従兄弟に同じくNBA選手のモリス・ピーターソンがいる[2]

経歴[編集]

地元ピカユーンの高校卒業後、大学へ進学せずに1999年のNBAドラフトによってトロント・ラプターズから全体5位指名を受けた[1]。こうして高卒選手となったベンダーは、シーズン前にアントニオ・デイビスとのトレードによってペイサーズへ移籍した。高校時代にはマクドナルド・オールアメリカンに選出されるなど、卓越した身体能力の持ち主としてラリー・バードら首脳陣から高い評価を受けたが、持続的な右膝の故障によって出場試合が限られた選手生活を送ることになった[2]

1999年12月10日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では10得点、13リバウンドをあげて高卒ドラフト選手として初のダブルダブルを達成した[2]

2001年にはスラムダンクコンテストに出場し[2]、利き手とは逆の手でレーンアップを成功させたが1回戦で敗退した。2001-02シーズンには78試合に出場したが、翌シーズンから故障による欠場が目立ち、2002-03シーズンは46試合、2003-04シーズンは21試合、2004-05シーズンは7試合、2005-06シーズンは2試合の出場にとどまった[2]

2001-02シーズン終了後、彼は4年間2850万ドルの契約を結んでいた[2]

2005年6月のスポーツ・イラストレイテッドでは期待はずれのドラフト指名選手の11位に選ばれている[3]2005-06シーズン途中の2006年2月4日に引退を表明[2]、契約満了により、チームからの解雇によって正式に引退が確定したのは同年6月4日のことである[4]

引退して3年半が経った2009年12月13日ニューヨーク・ニックスがベンダーとの契約を発表した。元ペイサーズのGMでありニックスのGMであるドニー・ウォルシュは「ベンダーがNBAに戻ってきて嬉しい」とコメントした[5]

現役引退後[編集]

現役引退後、彼はミシシッピ州の貧しい家庭を支援するチャリティを行っている[1]

プレースタイル[編集]

7フッターの選手ながらスリーポイントが打て、シューティングガードからパワーフォワードまで兼任できる。また、身体能力の高く練習でダブルダンクを成功させた事があり、オフェンス面において素質は認められるところではあった。しかし、長期にわたる右膝の故障によって一時期引退を強いられていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Former NBA Star Jonathan Bender helps out struggling families in South Mississippi”. Bettor.com. 2011年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Bender helping hurricane victims recover, rebuild”. ESPN (2008年9月23日). 2011年7月29日閲覧。
  3. ^ NBA Draft Busts”. スポーツ・イラストレイテッド (2005年6月24日). 2011年7月29日閲覧。
  4. ^ Months after announcing retirement, Bender waived”. ESPN (2006年6月14日). 2011年7月29日閲覧。
  5. ^ KNICKS SIGN FORMER RAPTORS PICK BENDER TO CONTRACT”. tsn.ca (2009年12月13日). 2011年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]