ジョナサン・ビクター・バロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョナサン・ビクター・バロス
基本情報
本名 ジョナサン・ビクター・バロス
通称 Yoni
階級 スーパーフェザー級
身長 175cm
リーチ 180cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1984年1月30日(30歳)
出身地 メンドーサ州メンドーサ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 34
KO勝ち 18
敗け 4
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

ジョナサン・ビクター・バロスJonathan Victor Barros、男性、1984年1月30日 - )は、アルゼンチンプロボクサーメンドーサ出身。元WBA世界フェザー級王者。

来歴[編集]

2004年3月26日プロデビュー。3回TKO勝ち。

2007年9月29日、ペスター・ウンベルト・マウリンとアルゼンチンフェザー級王座決定戦を行い、4回失格勝ちを収め王座を獲得した。その後同王座は一度防衛。

2008年1月26日、ビクター・ウーゴ・パズとWBOラテンアメリカフェザー級王座決定戦を行い、2回TKO勝ち。王座獲得に成功した。その後同王座は2度防衛。

2010年3月27日、ドイツハンブルクに乗り込み世界初挑戦。ユリオルキス・ガンボアが持つWBA世界フェザー級王座に挑戦するも、自身が8回にダウンを奪われ終始不利に泣き、3-0(111-116、2者が109-118)の大差判定負け。プロ初黒星[1]

2010年12月4日、同年9月11日にガンボアがIBF世界フェザー級王者オルランド・サリドとのWBAIBF世界フェザー級王座統一戦を制しスーパー王座認定を受けたのに伴いWBA世界フェザー級王座が空位となった為行われたWBA世界フェザー級王座決定戦でルービィング・ベリーとメンドーサ州ラス・ヘラスのポルデポルティーボ・ビセンテ・ポリメニで対戦し、7回0分20秒TKO勝ちを収め、王座獲得に成功した。

2011年3月12日、ミゲル・ロマンと初防衛戦を行い、3-0(118-109、118-110、117-111)の大差判定勝ちを収め、初防衛に成功した[2]

同年7月2日、セレスティーノ・カバジェロメンドーサ州フニンのポリデポルティーボ・ラ・コロニアで2度目の防衛戦を行い、1回と9回にそれぞれダウンを奪われるも2-1(111-115、114-112、116-111)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。試合後カバジェロ陣営は判定を不服としてWBAに提訴。ダイレクトリマッチが認められた。10月14日、ブエノス・アイレスのエスタディオ・ルナ・パルクでダイレクトリマッチが行われ、今度は自身がストップ寸前に追い詰められた。カバジェロの長いリーチで攻撃を封じられ、0-3(111-118、112-116、111-117)の判定負けを喫し王座から陥落した[3]


試合後、減量苦を理由にスーパーフェザー級に転向。

2012年6月23日、ウルグアイモンテビデオでグスタボ・デビッド・ベルムデスと対戦し3-0(98-94、98-92、98-92)の判定勝ちを収め再起に成功した。

2012年8月18日、メキシコプエブラ州プエブラのジムナシオ・ミゲル・イダルゴでIBF世界スーパーフェザー級王者ファン・カルロス・サルガドと対戦し、0-3(112-115、111-116、111-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗、2階級制覇を果たせなかった[4]

2012年11月10日、アメリカ初登場。ラスベガスにあるウィン・ラスベガスにて、ミゲル・アンヘル・ガルシアと対戦するが自身初のKO負けとなる8回TKO負けを喫し再起に失敗した[5]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ガンボア、不敗挑戦者撃退 WBAフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」2010年3月28日閲覧
  2. ^ バロス、地元でV1 WBAフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」2011年3月13日閲覧
  3. ^ カバジェロ、バロスにリベンジ WBAフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月14日閲覧
  4. ^ サルガドV3 次はガンボア戦有力 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年8月24日閲覧
  5. ^ マルティロスヤン×ララは負傷ドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ユリオルキス・ガンボア
第69代WBA世界フェザー級王者

2010年12月4日 - 2011年7月2日

次王者
セレスティーノ・カバジェロ