ジョゼ・クラヴェイリーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼ・クラヴェイリーニャJosé Craveirinha,1922年5月22日-2003年2月6日)とは、モザンビークマプートで生まれ、今日同国で最も偉大だと考えられている詩人である。

ポルトガル人の父とロンガ人の黒人の母の間に生まれたメスチーソムラート)であり、クラヴェイリーニャはポルトガル語とポルトガル文化によって育った。彼の詩はポルトガル語で書かれ、人種主義やポルトガルによるモザンビークの植民地支配などの題材を取り扱った。彼はアフリカにおけるネグリチュード運動のパイオニアの一人である。

ジャーナリストとしてのクラヴェイリーニャは、O Brado AfricanoNotíciasTribunaNotícias da TardeVoz de MoçambiqueNotícias da BeiraDiário de MoçambiqueVoz Africanaなどのような多くのモザンビークの雑誌と新聞に寄稿した。彼はまたサッカーも行い、他のアスリートをコーチした。彼は2000年のオリンピックの陸上競技で金メダルを獲得することになるマリア・デ・ルルデス・ムトーラに対するアメリカ合衆国へのスポーツ奨学金を用意し、彼の息子のステリオは高跳びのモザンビーク記録を保持している。

クラヴェイリーニャはまたマリオ・ヴィエイラやジョゼ・クラーヴォ、ジェズイーノ・クラーヴォ、J.クラーヴォ、J.C.、アビーリオ・コーサなどの偽名を使って書くこともあった。彼は1965年から1969年までファシストのポルトガルPIDE英語版時代に、モザンビークの独立を目指すモザンビーク解放戦線(FRELIMO)の細胞だったことから独房に投獄された。FRELIOが1974年に権力を奪取した時、クラヴェイリーニャは牢獄から解放され、国営新聞の副局長に任命された。

クラヴェイリーニャは1991年にポルトガル語世界で最も栄誉ある文学賞であるカモンイス賞を1991年に受賞した。彼は幾度もノーベル文学賞の候補者と考えられた。

2003年にクラヴェイリーニャはジョアキン・アルベルト・シサノ大統領によって「国民英雄」だと宣言され、クラヴェイリーニャの植民地主義に対する戦いへの文学的貢献が讃えられた。

[編集]

  • “Prémio Cidade de Lourenço Marques”, 1959
  • “Prémio Reinaldo Ferreira”, Centro de Arte e Cultura da Beira, 1961
  • “Prémio de Ensaio”, Centro de Arte e Cultura da Beira, 1961
  • “Prémio Alexandre Dáskalos”, Casa dos Estudantes do Império, リスボン,ポルトガル,1962
  • “Prémio Nacional de Poesia de Itália”, イタリア, 1975
  • “Prémio Lotus”, Associação de Escritores Afro-Asiáticos, 1983
  • “Nachingwea” Medal of the government of Mozambique, 1985
  • Medalha de Mérito, Secretaria de Estado da Cultura de São Paulo, ブラジル, 1987
  • “Grau de Oficial Grão-Mestre”, Ordem Nacional do Cruzeiro do Sul, ブラジル, 1990
  • “Prémio Camões”, Associação de Escritores Afro-Asiáticos, 1991
  • “Prémio Vida Literária”, AEMO - Associação de Escritores Moçambicanos, 1997
  • “Grau de Comendador da Ordem Infante Dom Henrique”, ポルトガル, 1997
  • “Ordem de Amizade e Paz”, モザンビーク, 1997
  • “Prémio Consagração Fundac - Rui de Noronha”, モザンビーク, 1999
  • “Prémio Voices of Africa”, Ordfront/Leopard Publishing House - スイス, 2002
  • “Grau de Doutor Honoris Causa”, Universidade Eduardo Mondlane - モザンビーク, 2002
  • “Medalha de Ouro da Comuna de Concesio (Brescia)”
  • “Medalha de Ouro do Município de Aljezur”, ポルトガル
  • “Medalha de Ouro do Primeiro Grau do Município de Sintra”, ポルトガル

著作[編集]

  • Chigubo (poetry). Lisbon: Casa dos Estudantes do Império, 1964; 2d ed. Maputo: INLD, 1980.
  • Cantico a un dio di Catrame (poetry, bilingual Portuguese–Italian). Translation and preface by Joyce Lussu. Milan, Italy: Lerici, 1966.
  • Karingana ua karingana (poetry, “Era uma vez”). Lourenço Marques [Maputo]: Académica, 1974; 2d ed. Maputo: INLD, 1982.
  • Cela 1 (poetry). Maputo: INLD, 1980.
  • Izbranie (selected works, in Russian). Moscow, USSR: Molodoya Gvardiya, 1984.
  • Maria (poetry). Lisbon, Portugal: ALAC (África Literatura Arte e Cultura), 1988.
  • Voglio essere tamburo (poetry). Venezia, Italia: Centro Internazionale della grafica di Venezia - Coop, 1991.
  • Babalaze das Hienas (poetry). Maputo: AEMO, 1997.
  • Hamina e outros contos (poetry). Maputo: Njira, 1997.
  • Contacto e outras crónicas. Maputo: Centro Cultural Português, 1999
  • Poesia Toda (poetry). Lisboa, Portugal: Caminho, 2000.
  • Obra Poética (poetry). Maputo: UEM, 2002.
  • Dikter (poetry). Stockolm: Ordfront, 2002.
  • Poemas da Prisão (poetry). Maputo: Njira, 2003.
  • Poesia Erótica (poetry). Maputo: Texto Editores, 2004.