ジョゼフ・バーンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・バーンビー
Joseph Barnby
レスリー・ウォード(英語版)[注 1]画}
基本情報
出生 1838年8月12日
イングランドの旗 イングランドヨーク
死没 1896年1月28日(満57歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル クラシック
職業 指揮者作曲家

サー・ジョゼフ・バーンビー(Sir Joseph Barnby 1838年8月12日 - 1896年1月28日)は、イングランド作曲家指揮者

生涯[編集]

バーンビーはヨークに生まれた。父はオルガニストのトーマス・バーンビー(Thomas-)である。バーンビーは7歳からヨーク大聖堂の聖歌隊に入り、王立音楽アカデミーではチプリアーニ・ポッターチャールズ・ルーカスの下で学んだ。

バーンビーは1862年ロンドンのセント・アンドリュー教会のオルガニストとなり、教会の礼拝の質を高めた。彼は1864年から『バーンビー合唱団』の指揮者となり、1871年シャルル・グノーの跡を継いで就任したロイヤル・アルバート・ホール合唱協会の指揮者職は、その後この世を去るまで務め上げた。彼は1875年イートン・カレッジの先唱者ならびに音楽監督となり、1892年にはギルドホール音楽演劇学校の校長となった。同年7月には、ナイトに叙されている。

バーンビーの作品にはオラトリオRebekah」、「The Lord is King」(詩篇第97篇)や、多くの礼拝音楽、アンセム、246曲の賛美歌1897年にひとまとめに出版された)、パートソング(有名なのは「Sweet and Low」)、およびパイプオルガンのための楽曲がある。バーンビーはロンドンの聴衆に対し、あまり知られていなかったグノーの宗教音楽を普及させるのに大きな貢献を行ったが、一方で彼のオペラにはあまり実際的に共感を示していなかった。バーンビーは1884年ロイヤル・アルバート・ホールにおいて、ワーグナーの「パルジファル」の記念碑的な演奏会を組織した。1892年1895年には、カーディフ音楽祭の指揮台に上がっている。

バーンビーはロンドンで没し、セント・ポール大聖堂で特別礼拝が行われた後、ウェスト・ノーウッド墓地英語版[注 2]に葬られた。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:1851年生まれ、イギリスの肖像画、風刺画家。スパイ(Spy)というペンネームを用いた。
  2. ^ 訳注:1836年建設。ロンドンの7大墓地(en)のひとつに数えられる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]