ジョゼフ・グリエコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・グリエコ(Joseph M. Grieco, 1953年 - )は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、国際政治経済学

アメリカン大学卒業後、コーネル大学で博士号を取得。現在、デューク大学政治学部教授。

アナーキー下の国際社会においても国家間の協調が可能であると主張するネオリベラル制度論に対し、国家は絶対利得(Absolute Gains)よりも相対利得(Relative Gains)を重視するため、協調関係を築くことは困難である点を指摘し、「相対利得論争」を提起した。

著書[編集]

単著[編集]

  • Between Dependency and Autonomy: India's Experience with the International Computer Industry, (University of California Press, 1984).
  • Cooperation among Nations: Europe, America, and Non-Tariff Barriers to Trade, (Cornell University Press, 1990).

共著[編集]

  • State Power and World Markets: the International Political Economy, with G. John Ikenberry, (Norton, 2003).

編著[編集]

  • The International System and the International Political Economy vol. 1: Hegemony and Cooperation in the International Economy, (E. Elgar, 1993).
  • The International System and the International Political Economy vol. 2: State Structures and Strategies, (E. Elgar Pub., 1993).