ジョゼフ・アレヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・アレヴィJoseph Halévy, 1827年12月15日 アドリアノープル - 1917年2月7日)は、トルコ出身のフランス言語学東洋学者。ユダヤ系

故郷アドリアノープルエディルネ)とブカレストユダヤ人学校で教師を務めていた時、東洋の諸言語と考古学の研究に没頭し、学識を蓄えた。1868年、イスラエル同盟大学(Alliance Israélite Universelle)によってアビシニア(エチオピア)に送られ、ファラシャ(エチオピアのユダヤ人)の生活状態を探る。この時に執筆した報告書がフランス学士院(Académie des Inscriptions et Belles-Lettres)の注意を惹いた。1869年から1870年にかけて、フランス学士院の依頼により、紀元24年以降ヨーロッパ人として初めてイエメンを横断し、サベアの記銘を調査して、686点にのぼる貴重な記銘を蒐集した。帰国後、これらの記銘の解読に成功し、サベアの言語と神話学の基礎を解明。これが彼の最大の業績となった。

1879年以降、パリの高等研究所(Ecole des Hautes Etudes)でエチオピア語の教授。また、アジア協会(Société Asiatique)の司書をも務めた。

論著[編集]

  • "Mission archéologique dans le Yemen" (Paris, 1872)
  • "Essai sur la langue Agaou, le dialect des Falachas" (Paris, 1873)
  • "Voyage au Nedjrân"(1873); "Études berbères" (1873)
  • "Mélanges d'épigraphie et d'archéologie sémitiques"(1874)
  • " Études sabéennes" (1875); "Études sur la syllabaire cunéiforme" (1876)
  • "Recherches critiques sur l'origine de la civilisation babylonienne" (1877)
  • "Essai sur les inscriptions du Safa" (1882)
  • "Mélanges de critique et d'histoire relatifs aux peuples sémitiques" (1883)
この記述はパブリックドメイン百科事典Jewish Encyclopedia1901年-1906年版に基づいています。