ジョセフ・ジェームズ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・アームストロング
スコット・アームストロングの画像
プロフィール
リングネーム スコット・アームストロング
スコット・ジェームズ
本名 ジョセフ・ジェームズ・ジュニア
ニックネーム ディキシー・ダイナマイト
身長 185cm
体重 100kg
誕生日 1959年5月4日(55歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 ジョージア州マリエッタ
トレーナー ボブ・アームストロング
デビュー 1983年
テンプレートを表示

ジョセフ・ジェームズ・ジュニアJoseph James, Jr1959年5月4日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー、現レフェリージョージア州マリエッタ出身。

スコット・アームストロングScott Armstrong)の名義で知られる。父親のボブ・アームストロング、弟のブラッドスティーブブライアンもプロレスラーである。

来歴[編集]

1983年アラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングにてプロレスラーとしてデビュー。同年10月には弟のブラッド・アームストロングとのコンビでデニス・コンドリー&ランディ・ローズミッドナイト・エクスプレスからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取[1]。以降もアラバマを主戦場に、1984年から1987年にかけて、トミー・ギルバート(エディ・ギルバートの父親)やトム・プリチャードを破り、USジュニアヘビー級王座を再三獲得した[2]

その後、NWAミッドアトランティック地区や初期WCWを経て、1992年1月には全日本プロレスに初来日。帰国後はジム・コルネット主宰のスモーキー・マウンテン・レスリングに定着し、1995年までスティーブ・アームストロングとの兄弟タッグチームで活動した[3]

1990年代後半よりWCWにてレフェリーに転向。2002年からはTNAや各地のインディー団体で活動し、2006年7月よりWWEに所属、2010年2月までECWのレフェリーを担当した。

2011年にWWEと再契約し、2月20日のPPVエリミネーション・チェンバー』のメインイベントにてレフェリーを務めた。同年4月2日には、地元ジョージア州アトランタフィリップス・アリーナで行われたWWE殿堂の記念式典に出席、ブラッドやブライアンと共に、父ボブ・アームストロングの殿堂入りのインダクターを務めた[4]

獲得タイトル[編集]

 etc.

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月4日閲覧。
  2. ^ a b NWA United States Junior Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月4日閲覧。
  3. ^ Scott Armstrong”. Cagematch. 2011年7月25日閲覧。
  4. ^ WWE Hall of Fame Class of 2011 Inductees: "Bullet" Bob Armstrong”. WWE.com. 2011年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]