ジョセフ・ジウンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョセフ・ジウンタJoseph Giunta, 1911年7月5日 - 2001年10月11日)は、カナダ画家[1]

モントリオールで生まれる。14歳から絵を描き始め、エコール・デ・ボザール・ド・モントリオールで学び、アドリアン・エベールやジョニー・ジョンストンらから教えを受けた。また、ボストン、フランスやイタリアに遊学し、20歳から画家として活動を始めた。当初は図案装飾的な絵画を制作していたが、1958年からアクション・ペインティングを試み、1971年からは幾何学的でバロック的な造形も行うようになった。1974年からは有機的なコラージュ・ペインティングも試すようになり、これはモントリールで亡くなるまでのジウンタの画風として定着した。

[編集]

  1. ^ [1]