ジョセフ・ゴーグエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・ゴーグエン。2004年撮影。

ジョセフ・アマディ・ゴーグエン(Joseph Amadee Goguen、1941年6月28日 - 2006年7月3日)は、アメリカ合衆国計算機科学者

人物・来歴[編集]

彼はカリフォルニア大学サンディエゴ校の計算機科学・工学部門に所属する計算機科学の教授、「Journal of Consciousness Studies」の編集長であった。

彼はチベット仏教の信奉者で、チョギャム・トゥルンパの弟子であった。1970年代後半から、1980年代はじめにかけて、コロラド州ボルダーにトゥルンパが設立したナロパ・インスティテュート(後のナロパ大学(Naropa University)の前身)で、科学分野の教員を務めていた。

研究領域[編集]

ゴーグエン の研究領域は以下のとおり多岐にわたり、

などに取り組んでいた。彼は1997年に、「Tossing Algebraic Flowers Down the Great Divide (大分水嶺に代数の花を放る)」と題した、その時点までの自分の仕事を回顧する文章を発表している。

経歴[編集]

主な著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その標準的な含意は、しばしば「ゴーグエン含意 (Goguen implication)」と呼ばれる。
  2. ^ Joseph A. Goguen (1991), A Categorical Manifesto, http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/summary?doi=10.1.1.13.362  など

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]