ジョセファス・ダニエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセファス・ダニエルズ

ジョセファス・ダニエルズ(Josephus Daniels, 1862年5月18日 - 1948年1月15日)は、アメリカ合衆国政治家、新聞出版者。第一次世界大戦期の1913年から1921年まで、ウッドロウ・ウィルソン大統領の下で第41代アメリカ合衆国海軍長官を務めた。

生い立ちと家族[編集]

1862年、ダニエルズはノースカロライナ州ワシントンで生まれた。父親のジョセファス・ダニエルズ (Josephus Daniels, 1828-1865) は南北戦争連合国軍に参加したが、戦争末期に事故で死亡した[1]。母親のメアリー・クリーヴス・シーブルック (Mary Cleaves Seabrook, 1835-1923) はノースカロライナ州出身の一般家庭の娘であった。

ダニエルズの父親が死亡した後、ダニエルズとその兄弟姉妹は母親とともにノースカロライナ州ウィルソンに移り住んだ。ダニエルズはノースカロライナ州立ウィルソン高等学校で学んだ後、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で法律を学び、1885年にノースカロライナ州から弁護士として認可を受けた。

1888年5月2日、ダニエルズはノースカロライナ州において、第40代ノースカロライナ州知事ジョナサン・ワースの孫娘アデレード・ワース・バグリー (Adelaide Worth Bagley 1869-1943) と結婚した[2]。ダニエルズ夫妻は以下の子供をもうけた[3]

初期の実業活動[編集]

ダニエルズは地元ウィルソンの新聞社ウィルソン・アドヴァンス (Wilson Advance) で編集者となり、その後同社を買収した。またその数年後、ダニエルズはキングストン・フリー・プレス (Kinston Free Press) 社とロッキー・マウント・リポーター (Rocky Mount Reporter) 社で共同経営者の1人となった[4]

ダニエルズは週刊誌デイリー・ステイト・クロニクル (Daily State Chronicle) を買収後、ノースカロライナ民主党との結びつきを次第に強めていった。ダニエルズは1887年から1893年までノースカロライナ州の州印刷工を務め、その後1893年から1895年まで合衆国内務省の書記長を務めた。

ニュース・アンド・オブザーバー[編集]

1894年、ダニエルズはノースカロライナ州ローリーの新聞社ニュース・アンド・オブザーバーの過半数株式を獲得し、支配権を掌握した。ニュース・アンド・オブザーバーは州民主党支持の態度を明確に示し、民主党を擁護する論説を展開した[5]

その当時、州民主党は共和党人民党の連立に悪戦苦闘していた。ダニエルズをはじめとする州民主党員は、人種差別の論調を前面に出した白人至上主義運動を展開した。その結果、州民主党は1898年1900年の州議会選挙で勝利を収め、アフリカ系アメリカ人の公民権を剥奪することに成功した。

合衆国海軍長官[編集]

1912年の大統領選挙においてダニエルズは、ウッドロウ・ウィルソンを支持した。そして選挙に勝利したウィルソンは大統領就任後、ダニエルズを海軍長官に任命した。ダニエルズはウィルソン大統領の任期満了となる1913年まで海軍長官を務め、第一次世界大戦では合衆国海軍を監督した。

ダニエルズは海軍長官として、装甲板金工場や電信電話の所有権が政府にあると主張した。またダニエルは1914年6月1日、合衆国海軍の艦船での飲酒を禁止する命令を発布した[6]。ダニエルは酒の代わりにコーヒーを推奨した。1杯のコーヒーを意味する俗語「Cup of Joe」はここから誕生した[7]

第一次世界大戦中、ダニエルズは海軍にとって有益となる発明を促進するため、海軍諮問委員会を創設した。ダニエルは発明家トーマス・エジソンに対して諮問委員会の委員長就任を要請した。また第一次世界大戦に関してダニエルズは、合衆国では戦争参加のための十分な準備ができておらず、新たな技術が必要であると憂慮した[8]

またこの戦争中に合衆国海軍は戦艦巡洋戦艦を始めとする艦艇の建造計画を立てたが、この計画は海軍長官である彼の名前からダニエルズ・プランと称されている。

ダニエルは海軍長官在任中の1919年、合衆国海軍や政府に関する著書『海軍および国家』を刊行した。

晩年[編集]

1921年、ダニエルズはニュース・アンド・オブザーバー社で編集職を再開した。

ダニエルズは1932年の大統領選挙においてフランクリン・ルーズベルトを支持した。ルーズベルトは大統領就任後の1933年3月17日、ダニエルズをメキシコ駐在の特命全権大使に指名した。ダニエルズは同年4月に着任した。

1941年11月、ダニエルズは妻の健康的理由により大使職を辞任し、ノースカロライナ州ローリーへ帰郷した。その後ダニエルズは5巻の自叙伝を完成させ、1948年1月にローリーで死去した。ダニエルズの遺体はローリー市内のオークウッド墓地に埋葬された。

ダニエルズが所有していたニュース・アンド・オブザーバー社の株式は、ダニエルズの子供たちに分割相続された。ダニエルズの息子の1人であるジョナサン・ワース・ダニエルズはニュース・アンド・オブザーバー社の編集長となった[9]

ダニエルズの死後、合衆国海軍では、その功績を称えて、ベルナップ級ミサイル巡洋艦ジョセファス・ダニエルズにその名が付けられた。

著書[編集]

  • Daniels, Josephus. Editor in Politics. Chapel Hill: The University of North Carolina Press, 1941.

参考文献[編集]

  1. ^ Kenneth Joel Zogry. "Josephus, Jonathan, and Frank Daniels." in The Tar Heel Century. 2002. p. 302.
  2. ^ Gary Evans Trawick, Paul Wyche, Christopher Crittenden. 100 Years 100 Men 1871-1971. Raleigh, NC: Edwards & Broughton Co., 1971. p. 103-105.
  3. ^ RootsWeb's WorldConnect Project: Stirk-London Families
  4. ^ Kenneth Joel Zogry. "Josephus, Jonathan, and Frank Daniels." in The Tar Heel Century. 2002. p. 302.
  5. ^ Kenneth Joel Zogry. "Josephus, Jonathan, and Frank Daniels." in The Tar Heel Century. 2002. p. 303.
  6. ^ Prohibition in the Navy: General Order 99, 1 June 1914
  7. ^ Origins of Navy Terminology
  8. ^ L. N. Scott, Naval Consulting Board of the United States (Washington, 1920), 286.
  9. ^ Kenneth Joel Zogry. "Josephus, Jonathan, and Frank Daniels." in The Tar Heel Century. 2002. p. 304.

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョージ・フォン・レンガーク・マイヤー
アメリカ合衆国海軍長官
1913年3月5日 - 1921年3月4日
次代:
エドウィン・デンビ
外交職
先代:
ジョシュア・ルーベン・クラーク
在メキシコアメリカ合衆国特命全権大使
1933年4月24日 - 1941年11月9日
次代:
ジョージ・メッサースミス