ジョシュ・ロンバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・マシューズ
ジョシュ・マシューズの画像
プロフィール
リングネーム ジョシュ・マシューズ
本名 ジョシュ・マシュー・ロンバーガー
身長 175cm
体重 65kg
誕生日 1980年11月25日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州シーアイル
トレーナー アル・スノー
タズ
デビュー 2001年
引退 2006年
テンプレートを表示

ジョシュ・マシュー・ロンバーガーJosh Matthew Lomberger1980年11月25日 - )は、アメリカ合衆国プロレス実況アナウンサー、元プロレスラーニュージャージー州シーアイル出身。ジョシュ・マシューズJosh Matthews)の名でWWEスマックダウンの実況を務めていた。

来歴[編集]

2001年WWFのプロレスラーオーディション番組『タフイナフ』に出演。最終選考でメイヴェンニディアに敗れ合格を逃す。その後、インディ団体に参戦した後WWEとアナウンサーとして契約。SmackDown!のインタビュアーとヴェロシティの実況を務めた。元々レスラー志望であったためWWEのスーパースターに頻繁に襲撃され、オーランド・ジョーダンとは抗争になり試合を行なったこともある(その際はブッカーTの救援を受けて勝利を収めた)。

特筆すべきは、彼が生粋のプロレスマニアということである。アメリカだけでは無く日本のプロレスにも精通しており、ヴェロシティの実況ではその片鱗が数多く見られた。

プライベートでは2005年に同団体の元ディーヴァルー・デボーナと結婚している。

2009年4月からECWのアナウンサーとなり、同じくプロレスマニアを自称するマット・ストライカーとコンビを組んでいた。ヴェロシティ時代に比べるとマニアぶりをうかがわせる実況は少なくなった。その後ストライカーがSmackDown!の解説となったためバイロン・サクストンとコンビを組む。ECW終了後は新番組NXTのカラー・コメンテーターを務めた。

現在でもSmackDown!で実況、RAWでバックステージでのインタビュアーを務めていた。2011年には、ヒール実況時代のマイケル・コール、2012年にはヒール寄り解説のJBLと言い合いになることもあったが、2013年に実況を下ろされ、その後はインタビュアーとしての活動をしている。

2014年6月、WWEを解雇された。[1]

その他[編集]

たまにインタビューで核心をついた質問をするので、ヒールレスラーなどを怒らせることがある。

外部リンク[編集]

参照[編集]