ジョシュ・フィールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・フィールズ
Josh Fields
フリーエージェント
00063533 Josh Fields.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州エイダ
生年月日 1982年12月14日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手左翼手
プロ入り 2004年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 2006年9月13日
NPB / 2011年7月10日
最終出場 NPB / 2011年10月6日
年俸 50万ドル(2011年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュ・フィールズJoshua Dean Fields , 1982年12月14日 - )は、プロ野球選手内野手)。アメリカ合衆国オクラホマ州出身。

経歴[編集]

2004年シカゴ・ホワイトソックスからドラフト1巡目(全体18番目)で指名され契約。

2006年はAAA級シャーロットで打率.305、19本塁打、70打点、OPS.894、28盗塁の成績を残し、オールスター・フューチャーズゲームにも出場。9月13日ロサンゼルス・エンゼルス戦の9回からレフトの守備につきメジャーデビュー。9月18日、デトロイト・タイガース戦の9回に代打で出場し、ホワイトソックス史上3人目のメジャー初打席初本塁打を記録した。

2007年は、腰を故障したジョー・クリーディに代わり、6月から三塁手としてメジャーに定着。100試合に出場し、打率.244、OPS.788と低調だったものの、リーグのルーキー最多の23本塁打を放ち67打点をマーク。特に9月の第3週目には、21日のミネソタ・ツインズ戦でヨハン・サンタナから2本塁打を放つなど打率.525、長打率1.190と打棒が爆発し、週間MVPを獲得した。また、クリーディが復帰する来期以降に備え、左翼手としても21試合に出場した。

2008年は、故障から復帰するクリーディと共に正三塁手候補、また前年オフにトレードで獲得したカルロス・クエンティンと共に正左翼手候補としても期待された。しかし開幕からヒザの故障に悩まされ、メジャーでは14試合の出場で打率.156、OPS.416。AAA級シャーロットでも75試合の出場で打率.246、OPS.772と期待を裏切る成績に終わり、9月にはヒザの内視鏡手術を受けた。

2009年は三塁手のほか、一塁手としても17試合に出場。7月23日にチームメイトのマーク・バーリー完全試合を達成した試合では一塁を守り、2回に先制満塁本塁打を打ち、最終回には27個目のアウトとなるアレクセイ・ラミレスからの送球を捕球した。このシーズンは79試合の出場で7本塁打を放ったが、打率は.222に留まり、マイナー降格も経験した。同年11月6日クリス・ゲッツと共にマーク・ティーエンの交換要員としてカンザスシティ・ロイヤルズに移籍した。

2010年は開幕から股関節を痛めDL入りし、9月3日のデトロイト・タイガース戦で復帰し、13試合出場。打率.306、OPS.810を記録した。12月20日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ。

2011年スプリングトレーニングで21試合に出場し打率.172、OPS.512の成績に終わった。3月28日にコロラド・ロッキーズへ移籍し、傘下のAAA級コロラドスプリングスで開幕を迎えた。6月下旬までに50試合に出場し、打率.365、11本塁打、OPS1.103、7盗塁の成績を挙げていた。6月23日に読売ジャイアンツが獲得に動いていることが報じられた[1]。6月28日に放出された。

7月1日に読売ジャイアンツと1年契約を結んだことを発表[2]。年俸など総額50万ドル(約4000万円)[3]。7月14日に入団会見をした。入団後は打撃不振に陥り8月5日に2軍落ちするも、ラスティ・ライアルが不振や試合放棄で2軍降格したために9月6日に再昇格。9月18日、中日戦でエンジェルベルト・ソトからようやく来日初本塁打を放った。その後は左投手相手にスタメンで起用され好成績を残すも、右投手相手には全く打てず10月7日に再び2軍落ち、そのままシーズンを終えた。結局シーズントータルでの成績は打率.202、2本塁打、OPS.553と低調だったが、左投手相手には打率.283、2本塁打、OPS.819と相性の良さを見せた。

2012年1月4日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。この年はAAA級アルバカーキ・アイソトープスで133試合に出場して打率.322、13本塁打を放った。11月3日にFAとなり、11月16日にフィラデルフィア・フィリーズと契約。

2013年はAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスで109試合に出場。11月5日にFAとなった。

選手としての特徴[編集]

広角に打球を打ち分け、ポール・コネルコに勝るとも劣らないと評価される長打力を持ち味とする[4]。左投手に強く、メジャー通算で右投手には打率.209だが、左投手には打率.293を残している。速球に強いが変化球に弱く[5]、三振の多さとDRSUZR共に平均を大きく下回る三塁守備を課題としている[6]左翼手として起用できるか試されたこともあるが、不合格とされた[4]。巨人時代はチーム事情で一塁手を守ることもあった。日本では守備は無難にこなしており、2011年の失策は一塁三塁共に0だった。

大学時代はアメリカンフットボールクォーターバックとしても活躍した[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 CWS 11 25 20 4 3 2 0 1 8 2 0 0 0 0 5 0 0 8 0 .150 .320 .400 .720
2007 100 418 373 54 91 17 1 23 179 67 1 1 6 3 35 0 1 125 11 .244 .308 .480 .788
2008 14 35 32 3 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 3 0 0 17 0 .156 .229 .188 .417
2009 79 268 239 29 53 5 2 7 83 30 2 3 2 0 25 0 2 76 5 .222 .301 .347 .648
2010 KC 13 50 49 5 15 0 0 3 24 6 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .306 .320 .490 .810
2011 巨人 40 116 109 9 22 4 1 2 34 9 0 0 0 1 4 0 2 32 2 .202 .241 .312 .553
MLB:5年 217 796 713 95 167 25 3 34 300 107 3 4 8 3 69 0 3 235 17 .234 .303 .421 .724
NPB:1年 40 116 109 9 22 4 1 2 34 9 0 0 0 1 4 0 2 32 2 .202 .241 .312 .553
  • 2011年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁 三塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2011 16 105 11 0 6 1.000 23 8 20 0 1 1.000
通算 16 105 11 0 6 1.000 23 8 20 0 1 1.000
  • 2011年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 27 (2006年 - 2007年)
  • 22 (2008年 - 2009年)
  • 7 (2009年)
  • 11 (2010年)
  • 25 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 助っ人大砲獲得でG打線テコ入れ!…07年メジャー23発フィールズ”. スポーツ報知 (2011年6月23日). 2011年7月1日閲覧。
  2. ^ ジョシュ・フィールズ選手と契約”. 読売ジャイアンツ公式サイト (2011年7月1日). 2011年7月1日閲覧。
  3. ^ フィールズの背番号は「25」…巨人新助っ人正式発表”. スポーツ報知 (2011年7月2日). 2011年7月13日閲覧。
  4. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、171頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、181頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  6. ^ 月刊スラッガー』2007年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、35頁。
  7. ^ 『月刊スラッガー』2008年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、21頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]