ジョシュ・クリングホッファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・クリングホッファー
(Josh Klinghoffer)
}
基本情報
出生名 Josh Adam Klinghoffer
出生 1979年10月3日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロサンゼルス
ジャンル オルタナティヴ・ロック
アヴァン・ギャルド、エクスペリメンタル・ロックエレクトロニカ
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ドラムスギターシンセサイザーベースキーボードピアノ, ヴォーカル, オルガン, マリンバ
活動期間 1997年 - 現在
共同作業者 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ジョン・フルシアンテ
アタクシア(Ataxia)
Dot Hacker
バイシクル・シーフ(The Bicycle Thief)
ナールズ・バークレイ(Gnarls Barkley)
ウォーペイント

ジョシュ・クリングホッファー(Joshua Adam "Josh" Klinghoffer1979年10月3日 - ) は、アメリカ合衆国ミュージシャン音楽プロデューサーで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズギタリストレッド・ホット・チリ・ペッパーズ参加以前から、ツアーサポート・メンバースタジオ・ミュージシャンとして、多数のアーティストたちと演奏した経験をもっている。

経歴[編集]

クリングホッファーは、15歳で学校を中退してから、多くの楽器をこなす才能あるミュージシャンとして、若くして音楽の世界で頭角を現した。最初のレコーディング経験は、ボブ・フォレスト(Bob Forrest)をヴォーカルに据えたバイシクル・シーフ(The Bicycle Thief)という短命に終わったバンドの楽器奏者としてのものだった。2000年に行われたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアルバム『カリフォルニケイション』のツアーでは、バイシクル・シーフも前座を務める機会があった。クリングホッファーは、フォレストが率いたまた別のグループであるセロニアス・モンスター(Thelonious Monster)にも一時的に籍を置いたが、このバンドは、かつてジョン・フルシアンテがレッド・ホット・チリ・ペッパーズ加入前にオーディションを受けたバンドであった。

ツアーサポート・メンバースタジオ・ミュージシャンとして関わったアーティストたちには、バイシクル・シーフ(The Bicycle Thief)、ナールズ・バークレイ(Gnarls Barkley)、ベックバットホール・サーファーズ(the Butthole Surfersジョン・フルシアンテGolden Shouldersジョン・ブライオン(Jon Brionネオン・ネオンPJ ハーヴェイ(PJ Harvey)、スパークスザット・ドッグ(that dog.)、セロニアス・モンスター(Thelonious Monster)、The Insects、The Formatヴィンセント・ギャロウォーペイントなどがいる。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ参加以前に、クリングホッファーの名が最も知られていたのは、おそらくは友人であるジョン・フルシアンテとの共作アルバム『A Sphere In The Heart Of Silence』や、フルシアンテのソロ・アルバムへの貢献によってであったと思われる。2004年、クリングホッファーとフルシアンテは、Fugaziジョー・ラリー(Joe Lally)を加え、アタクシア(Ataxia)名義での活動を行った。短期間のうちに彼らは2回のライブ公演を行い、2枚のアルバム『Automatic Writing』(2004年)と『AW II』(2007年)を残した。2枚のアルバムの間には3年のブランクがあるが、両者は同時期に一挙に録音されたものである。

2007年、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのアルバム『ステイディアム・アーケイディアム』のツアーの途中から、バック・ミュージシャンとして参加し、バック・ヴォーカルキーボードサイドギターを演奏した。

2009年5月8日、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー・キーディスフリーチャド・スミスローリング・ストーンズロン・ウッドネヴィル・ブラザーズアイヴァン・ネヴィル(Ivan Neville)と The Insects という名義で、ミュージケアーズ財団(MusiCares)のイベントで共演した。このイベントは、自身も薬物依存症経験のあるキーディスが、他の薬物依存者の治療とリハビリテーションを支援していることを讃えるものであった[1]

2009年、新たに Dot Hacker というバンドを結成し、取り上げる曲の多くを手がけるソングライターヴォーカリストサイドギターピアニストとして活動し始めた。

2009年10月、レッド・ホット・チリ・ペッパーズと共にスタジオに入り、バンドの10枚目のスタジオ・アルバムのレコーディングを始めた。10月29日には、レッド・ホット・チリ・ペッパーズと共に、今回はリードギターとして、ニール・ヤングを讃えるミュージケアーズのステージに上がり、ヤングの曲「男は女が必要 (A Man Needs A Maid)」(アルバム『ハーヴェスト』収録)を演奏した。2010年2月8日、チャド・スミスは、クリングホッファーがフルシアンテに代わる新しいギタリストであることをインタビューで断言した[2]

ツアーへの参加[編集]

ディスコグラフィ[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]