ジョシュア・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョシュア・ヒル(Joshua Hill、1991年1月9日- )は、イギリス出身の元レーシングドライバー。ニックネームは、ジョシュ(Josh)で一般的にはジョシュ・ヒルと記載される場合がほとんどである。父は1996年のF1ワールドチャンピオンに輝いたデイモン・ヒルで、1960年代に2度のF1ワールドチャンピオンを獲得したグラハム・ヒルは祖父に当たる。父デイモン、祖父グラハムから引き継いだオールのデザインのヘルメットを着用している。

カートレースは経験せず、2008年からレース活動を開始。 2011年度からBRDCのRising Starsのメンバーに抜擢されている(他のメンバーにはマーティン・ブランドルの子息、アレックス・ブランドルが名を連ねている)。

2013年7月9日をもってモーターレーシングから引退を発表[1]。今後はドラムに情熱を感じているので音楽の道へ進みたい述べている[2]

現在、「Quixotic」という名のグランジパンクの3ピースバンドを組んで、ドラマーとしてロンドンを拠点に活動中。

経歴[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “デイモンの息子がレースを引退”. ESPN F1. (2013年7月10日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/115941.html 2013年7月10日閲覧。 
  2. ^ “ヒルJr、レースから引退、音楽の道へ”. AUTOSPORT web(オートスポーツweb). (2013年7月11日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=49672  2013年7月11日閲覧。