ジョウビタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョウビタキ
Phoenicurus auroreus female side.JPG
ジョウビタキ(メス)
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ツグミ科ヒタキ科Turdidae
: ジョウビタキ属 Phoenicurus
: ジョウビタキ P. auroreus
学名
Phoenicurus auroreus
(Pallas, 1776)[2]
和名
ジョウビタキ(尉鶲、常鶲)
英名
Daurian Redstart

ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、学名:Phoenicurus auroreus Pallas )は、スズメ目ツグミ科ヒタキ科)に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥である。

分布[編集]

チベットから中国東北部、沿海州バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。

日本では冬鳥として全国に渡来する[3][4]韓国では留鳥

日本での繁殖例[編集]

  • 1983年 - 北海道大雪山麓で繁殖が確認されている[5]
  • 2010年6月21日 - 日本野鳥の会諏訪の会長が、長野県岡谷市富士見町の林でジョウビタキの繁殖を確認した[6]
  • 2012年6月3日 - 日本野鳥の会旭川支部の柳田和美支部長が、北海道上川町町内の空き家の屋根裏で営巣しているジョウビタキの繁殖を確認した。6月8日付の北海道新聞朝刊にヒナにエサを与える親鳥の写真が掲載された。[7]
  • 2012年7月25日 - 6月に続き、同じつがいが再び繁殖したのを、日本野鳥の会旭川支部の柳田和美支部長が、北海道上川町町内で撮影された写真で確認した。8月22日付の北海道新聞朝刊にヒナの写真が掲載された。[8]

豊橋総合動植物公園での繁殖[編集]

2002年に豊橋総合動植物公園が日本の動物園で最初にジョウビタキの繁殖に成功し、日本動物園水族館協会繁殖賞を受賞した[9]。ケージ内で縄張りをもち、ペアを形成し抱卵14日目に雛が孵化し、雛6羽中2羽が成育した。

形態[編集]

体長は13.5-15.5 cm、体重13-20 gスズメよりわずかに小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。

分類説によって、ヒタキ科もしくはツグミ科に分類される。ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を空中捕獲で捕食する他、ツグミ類のように地上に降りることも多い。

Jyobitaki m 05z5880s.jpg Jyobitaki f 05z1534.jpg Phoenicurus auroreus male and female.JPG
オス メス オスとメス

生態[編集]

平地からの低山の明るく開けた林の中に生息する。冬の日本では人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。非繁殖期はオスメスともに単独生活を行い[5]縄張りを作って同種を排斥する習性があり、異性個体やに映った自分の姿にも攻撃を加えるほどである。おじぎのような姿勢で鳴き声をあげて縄張り争いをする[5]。しかし人間に対する警戒心はわりと薄く、3-4 mくらいの所に降り立つこともある。

昆虫類やクモ類などを捕食するが、冬にはピラカンサ[3]などの木の実もよく食べ、ヒサカキなど実をつけた木によく止まっている。

樹洞、崖のくぼみなどに枯葉や苔を使って皿状の巣を作る。5-7個の卵を産み、主に雌が抱卵する。

地鳴きは自転車のブレーキ音を短くしたような声で、「ヒッ」や「キッ」と聞こえる甲高い声と軽い打撃音のような「カッ」という声を組み合わせた特徴的なものである。「ヒッ」の声はかなり遠くまで届く。早朝にも鳴くことが多く、2度「キッ、キッ」、続いて打撃音の「カッ、カッ」がくる。この打撃音が、火を焚くときの火打石を打ち合わせる音に似ていることから、「火焚き(ヒタキ)」の名が付いたとされる[10]。和名のジョウ(尉)は銀髪を意味する[10]

近縁種[編集]

クロジョウビタキ
Phoenicurus ochruros (S.G. Gmelin, 1774)
オスは頭部の白い部分が狭く、顔から首、胸、背中まで黒っぽい。メスには特徴的な模様がなく、一様に淡い褐色をしている。中央アジアから南アジアにかけてとヨーロッパに分布する。日本では迷鳥としてたまに記録される。
シロビタイジョウビタキ
Phoenicurus phoenicurus (Linnaeus, 1758)
オスは頭から背中、翼まで灰白色をしている。メスもやはり背中が白っぽい。繁殖域は中央アジアからヨーロッパまでで、冬はアフリカ熱帯域で越冬する。日本では迷鳥として記録されるが、観察記録はクロジョウビタキより少ない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Phoenicurus auroreus in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ Phoenicurus auroreus (Pallas, 1776)” (英語). ITIS. 2011年12月20日閲覧。
  3. ^ a b 野山の鳥 (2000)、80-81頁
  4. ^ ジョウビタキの初確認情報”. 日本野鳥の会. 2011年12月19日閲覧。
  5. ^ a b c ひと目でわかる野鳥 (2010)、181頁
  6. ^ 富士見でジョウビタキの繁殖を確認 本州で初の可能性”. 信濃毎日新聞 (2010年8月5日). 2011年12月19日閲覧。
  7. ^ ジョウビタキ 子育てひっそり 上川 国内3例目の繁殖”. 北海道新聞 (2012年6月8日). 2012年6月8日閲覧。
  8. ^ 渡り鳥ジョウビタキ 今年2度目の繁殖 上川 ”. 北海道新聞 (2012年8月22日). 2012年8月22日閲覧。
  9. ^ 大橋秀一、井上康子、林美喜男、梅田秀夫、山口仁(豊橋総合動植物公園). “ジョウビタキの繁殖について”. 科学技術総合リンクセンター. 2011年12月20日閲覧。
  10. ^ a b ジョウビタキ”. サントリー. 2011年12月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月ISBN 978-4415305325
  • 高木清和 『フィールドのための野鳥図鑑-野山の鳥』 山と溪谷社2000年8月ISBN 4635063313

関連項目[編集]