ジョイ (台所用洗剤)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
P&Gの台所用洗剤ジョイ

ジョイJoy)は、プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) が発売している台所用洗剤である。

日本での概要・沿革[編集]

食器用洗剤[編集]

日本では1995年3月に通常の「ジョイ」が発売された(2001年に「パワープラスジョイ」に改名)。

1998年には除菌機能を付加した「除菌ができるジョイ」(後に「スポンジの除菌ができるジョイ」に改名)が発売された。さらに、まな板の除菌機能も付加されて、「まな板とスポンジの除菌ができるジョイ」に改名された。また、緑茶成分入りの製品も存在していた。この商品の発売をきっかけに、他メーカーの台所用洗剤にもスポンジの除菌機能が付加されるようになった。

オレンジシトラスの香りがつけられた「しつこい油汚れに オレンジピール成分入りジョイ」や、弁当箱などのしつこい臭いや汚れも落とす「しつこいニオイ・汚れに グレープフルーツ成分入りジョイ」(2005年10月発売)も発売されている。

2007年6月に、最初から泡で出てくるポンプ式で、洗浄力が従来製品の3倍になった「スーパー泡ジョイ」が発売された。2008年3月には、排水口の菌の繁殖を防ぎ、いやな臭いを防ぐ「排水口の除菌・防臭もできる スーパー泡ジョイ」も発売された。「スーパー泡ジョイ」は2010年にラインナップを統合したが、2011年で製造・販売を終了した(海外では「Dawn Direct Foam」の商品名で販売を継続している)。

2008年2月には「ジョイ」つめかえ用をリニューアルし、内容量を増量した(400ml→415ml)。

2009年9月に7年ぶりとなる全面改良を行い、「スーパー泡ジョイ」以外の製品でロゴマークも一新された。商品名もレギュラータイプの「ジョイ」3種類とまな板とスポンジの除菌ができる「除菌ジョイ」2種類に様変わりした。

2010年2月には、独自の洗浄助剤を配合したことで、手肌へのやさしさと洗浄力を両立した「ジョイモイストケア」が発売された。

2011年8月にレギュラータイプの「ジョイ」3種類とまな板とスポンジの除菌ができる「除菌ジョイ」2種類が液体粘性を更に向上させリニューアル。「カレーの汚れ」「保存容器の色つき(ミートソースなど)」「汚れ」「揚げ物」「魚焼きグリル」「ご飯」「納豆」の7つの落ちにくい頑固な汚れを簡単に落とすことができる。また液体の粘性がアップしたことにより、洗剤がスポンジによくとどまるので、洗いものの途中で洗剤の継ぎ足しなく、洗浄力を持続させることができる。また、「除菌ジョイ 緑茶の香り」と「ジョイ すっきりシトラスミントの香り」はこれまでラインナップになかった特大つめかえ用(870ml)を追加設定した。

2012年2月にはレギュラータイプの新しい香りとして、「すっきりアップルの香り」を追加。同年9月に「ジョイ」4種類と「除菌ジョイ」2種類が油汚れに対する洗浄力を高めて全面改良。併せて、内容量の変更を行った(本体:260ml→250ml、つめかえ用:415ml→395ml、つめかえ用特大サイズ870ml→770ml)。また、「ジョイ すっきりオレンジの香り」と「除菌ジョイ」にはホームセンターなどの一部店舗やネット販売限定で、約6本分つめかえでき、再栓できるキャップ付パウチ包装のつめかえ用超特大サイズ(1290ml)を追加設定した。

2013年9月に「ジョイ」・「除菌ジョイ」のパッケージデザインをリニューアル。特に、本体は発売当初から採用していたワンタッチ式キャップから、同業他社の台所用洗剤ではなじみがある引き上げ式の新型キャップとなり、ラベルはボトル全体を覆うセミシュリンクタイプとなった。また、「ジョイ」は香りの名称を変更し、新たに「フレッシュフランボワーズの香り」を追加した。翌月には「ジョイ モイストケア」も新型キャップを導入してパッケージデザインをリニューアルし、「ジョイ」同様に香りの名称を変更した。

食器洗い乾燥機専用洗剤[編集]

2002年5月には食器洗い乾燥機専用洗剤の「ハイウォッシュ」を買収し、2003年3月にジョイの技術を食器洗い機用洗剤に応用した「ハイウォッシュジョイ」として発売された。

後に、油汚れを落とす力を高めた「オレンジピール成分入り ハイウォッシュジョイ」を発売。2007年2月~3月のリニューアルではプラスチック(お弁当箱・プラスチック製容器)に付着したトマト等の赤い色素沈着に対応。同時に消臭効果を高めた「グレープフルーツ成分入り ハイウォッシュジョイ」を発売した。

2009年9月には溶け残りが少なく、疑似漂白剤成分で茶渋汚れまでしっかり落とすジェルタイプ「ハイウォッシュジョイ スーパージェル」を発売した。

2012年3月には独自のテクノロジーにより、洗浄作用が異なるジェルと粉末を水溶性の透明フィルムを用いた「2層カプセル」構造で一体化させたことにより、ほとんどの汚れを予洗いなしでも高い洗浄力を発揮する「ジョイ ジェルタブ」を発売した。P&Gの調査によると、日本では食器洗い乾燥機の保有率は年々上昇しているにもかかわらず、300万台以上の食器洗い乾燥機は、使われず休眠状態にあるとのこと。その理由の第1位は、「機械のみではきれいに洗えず、手洗い(予洗い)が必要なことが多いため」であることがわかった。そこで本製品の発売に先駆け、2012年2月より「食洗機裁判」と称したサンプリングキャンペーンを実施。これは、総勢5万名に発売前に実際に本製品を試してもらい、予洗いなしの洗い上がりの満足度を実感してもらうとともに、予洗いをしない場合の汚れ落ちが悪いのは、食器洗い乾燥機が悪いのか、洗剤が悪いのかについて判決を下してもらおうというもの。なおこのキャンペーンのイメージキャラクターには、タレント弁護士本村健太郎を起用している。この、「ジョイ ジェルタブ」は2013年9月に内容量はそのままで高さを低くした新パッケージとなり、併せて、40個入りの特大サイズを追加発売した。

テレビコマーシャル[編集]

日本での発売当初、高田純次を起用したお宅訪問形式のCM「チャレンジジョイ」シリーズが話題となったが、2003年からはCMキャラクターにジョイの容器をモチーフにした「ジョイくん」が使われている。ジョイくんの声優は初期は上村響2006年から2012年まではまえだまえだ前田旺志郎が担当していた(2012年秋から放送している最新版のCMでは前田とは別の声優が担当)。P&Gジャパンが神戸市に所在する為、ジョイくんは関西弁を話す(演じる上村は京都府、前田は大阪府といずれも関西出身)。2009年9月の製品リニューアルに伴い、ママ役に新山千春を起用。「ジョイくん」も新しくなった。また今回のリニューアルにあたり、ブランドサイトがオープンした(外部リンク参照)。

なお、初期に流れた「チャレンジジョイ」シリーズは「ジョイ ジェルタブ」のCMとして復活したが、「ジョイ ジェルタブ」版では国分太一を起用している。

ラインナップ[編集]

現在[編集]

除菌ジョイ
  • 台所用洗剤
    • ジョイ パワーミント
    • ジョイ オレンジピール成分入り
    • ジョイ グレープフルーツ&ラ・フランスの香り
    • ジョイ フレッシュフランボワーズの香り
    • 除菌ジョイ
    • 除菌ジョイ 緑茶の香り
    • ジョイモイストケア ローズオアシス
    • ジョイモイストケア カモミールオアシス
  • 食器洗い機用洗剤
    • ハイウォッシュジョイ 除菌
    • ハイウォッシュジョイA(家電量販店向け。パナソニックより発売)
    • ハイウォッシュジョイ オレンジピール成分入り
    • ハイウォッシュジョイ スーパージェル
    • ジョイ ジェルタブ

過去[編集]

  • 台所用洗剤
    • ジョイ
    • 油をスカッと落とすジョイ
    • なめらかフィールジョイ
    • アロマジョイ
    • パワープラスジョイ - 「ジョイ」から改名
    • まな板とスポンジの除菌ができるジョイ - 「除菌ジョイ」へ継承
    • 緑茶成分入り まな板とスポンジの除菌ができるジョイ - 「除菌ジョイ 緑茶の香り」へ継承
    • しつこい油汚れに オレンジピール成分入りジョイ
    • しつこいニオイ・汚れに グレープフルーツ成分入りジョイ - 「ジョイ グレープフルーツの香り」へ継承
    • ジョイ すっきりシトラスミントの香り - 「ジョイ パワーミント」へ継承
    • ジョイ すっきりオレンジの香り - 「ジョイ オレンジピール成分入り」へ継承
    • ジョイ すっきりグレープフルーツの香り - 「ジョイ グレープフルーツ&ラ・フランスの香り」へ継承
    • ジョイ すっきりアップルの香り
    • ジョイモイストケア フローラルオアシス - 「ジョイ モイストケア ローズオアシス」へ継承
    • ジョイモイストケア フレッシュオアシス - 「ジョイ モイストケア カモミールオアシス」へ継承
    • 排水口の除菌・防臭もできる スーパー泡ジョイ - 「スーパー泡ジョイ」へ継承
    • スーパー泡ジョイ
  • 食器洗い機用洗剤
    • グレープフルーツ成分入り ハイウォッシュジョイ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]