ジョアン・ボスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1996年イタリアミラノのコンサートにて

ジョアン・ボスコ・ディ・フレータス・ムッチ: João Bosco de Freitas Mucci1946年7月13日 - )は、ブラジルMPB歌手ギタリスト作曲家。ジョアン・ボスコとして知られる。

人物[編集]

ミナスジェライス州のポンチ・ノヴァにアラブ系移民の子として生まれた。リオデジャネイロへ出たときエンジニアの仕事をしていたが、詩人アルヂール・ブランキとコンビを組み、1972年に自作曲「バラ・コン・バラ」をはじめ、「メストリ・サラ・ドス・マーリス」、「酔っ払いと綱渡り芸人」などがエリス・レジーナにレコーディングされ成功を収めた。間もなく自身も卓越したヴォーカリスト、ダイナミックなパフォーマーとして賞賛されるようになった。ブラジルではギター演奏が盛んな国だが、中でもライブでの彼のソロ演奏は特筆すべきパフォーマンスとして知られ、1983年のライブアルバム『100ª Apresentação』は評価が高い。

ジョアン・ボスコはアメリカジャズに影響された、「アラブ文化、アフリカ系アメリカ音楽、ブラジルのボサノバスタイルの融合」で有名となった。なお彼自身は、その中でも最も自分に影響を与えたのは、サンバの母とも称えられるクレメンチーナ・ヂ・ジェズースであると語っている。彼女の影響によりサンバのルーツ、また一形態であるパルチールド・アルトやアンゴラ起源のジョンゴをベースとするなど、アフロ色の強い曲が多い。

彼の3巻のソングブックの序文でアルミール・シェジアッキ(Almir Chediak)は、「才能ある作曲家ジョアン・ボスコの旋律的、和声的な構造は、ブラジル音楽の中でも最も幸福なもの」と論評している [1]

代表曲[編集]

  • "O Bebado e A Equilibrista" 「酔っ払いと綱渡り芸人」
  • "Papel Marchê" 「パペウ・マルシェ(紙人形)」
  • "Corsario" 「海賊」
  • "Kid Cavaquinho" 「キッヂ・カバキーニョ
  • "Latin Lover"
  • "Jade" 「翡翠」

ディスコグラフィ[編集]

  • 1972 - "Agnus Sei" ( EP, B-side of Disco de Bolso - O Tom de Tom Jobim e o tal de João Bosco ) - Pasquim [2]
  • 1973 - João Bosco - RCA
  • 1975 - Caça à Raposa - RCA
  • 1976 - Galos De Briga - RCA
  • 1977 - Tiro De Misericórdia - RCA
  • 1979 - Linha De Passe - RCA
  • 1980 - Bandalhismo - RCA
  • 1981 - Essa É A Sua Vida - RCA
  • 1982 - Comissão De Frente - Ariola
  • 1983 - 100ª Apresentação ( live ) - Ariola
  • 1984 - Gagabirô - Barclay
  • 1986 - Cabeça De Nego - Barclay - 『カベッサ・ヂ・ネゴ』
  • 1987 - Ai Ai Ai De Mim - CBS - 『空想小説』
  • 1989 - Bosco - CBS - 『ボスコ』
  • 1991 - Zona De Fronteira - Sony - 『国境地帯』
  • 1992 - Acústico MTV ( live ) - Columbia - 『ライブ・アコースティック』
  • 1994 - Na Onda Que Balança - Columbia - 『ナ・オンダ・キ・バランサ』
  • 1995 - Dá Licença Meu Senhor - Sony
  • 1997 - As Mil E Uma Aldeias - Sony
  • 1998 - Benguelê ( music score for the Brazilian ballet company Grupo Corpo ) - Grupo Corpo
  • 2000 - Na Esquina - Epic
  • 2001 - Na Esquina - Ao Vivo Volumes 1 e 2 - ( live, 2-CD ) - Epic
  • 2003 - Malabaristas Do Sinal Vermelho - Sony
  • 2006 - Obrigado, Gente! ( live, CD & DVD ) - Universal

コンピレーション、オムニバス[編集]

  • 1987 - Caetano Veloso / João Bosco / Ney Matogrosso: Brazil Night - Ao Vivo Em Montreux 1983 ( live ) - Barclay - カエターノ・ヴェローゾ、ジョアン・ボスコ、ネイ・マトグロッソ: 『ブラジル・ナイト IN モントルー1983』
  • 2001 - Grandes Sucessos ( compilation ) - Sony - 『グランヂス・スセッソス』
  • 2003 - Various Artists: Songbook João Bosco 1/2/3 - Lumiar

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Almir Chediak, Songbook ( three volumes, third edition ), Rio de Janiero: Lumiar Editoria, 2003, ISBN 858542687X, 8585426896, 8585426888 - 約300ページ、本文記事、写真、楽譜(歌詞付)。基本的にはメロディラインのみを記載し、コードリファレンスが追加されている。ギタータブ譜も同様に掲載。ボスコはリズミカルなルバート奏法の達人なので、正確なリズム表記は貴重。第二巻のかなりの分量の記事「ジョアン・ボスコの作品」 "A obra de Joâo Bosco" は、ズーザ・オーメン・ヂ・メロ(Zuza Homem de Mello)によるボスコの創作についての鑑識眼あふれる分析(ポルトガル語)。
  2. ^ 初レコーディング。A面はジョビン自身による「三月の水」 "Águas de Março" で、同曲の初リリースとおもわれる。

外部リンク[編集]