ジョアン・アルヴァレス・ファグンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョアン・アルヴァレス・ファグンデス(João Álvares Fagundes)は、ポルトガル北部ヴィアナ・ド・カステロ出身の探検家、船主。1520年から1521年ごろに何度かニューファンドランドノヴァスコシアへの探検隊を組織した。

ファグンデスは、ケープブレトン島近くのセントポール島セーブル島ペンギン島、Burgeo、サンピエール島、ミクロン島を探検した。

1521年3月13日、ポルトガル王マヌエル1世はファグンデスに、彼の発見物に対する排他的な権利と所有権を与えた。

1521年から1525年の間、ファグンデスはノヴァスコシアで植民地の建設を試みたが、他のことはほとんど知られていない。