ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュJules-Henri Vernoy de Saint-Georges1799年11月7日 - 1875年12月23日)は、フランス劇作家オペラバレエ台本作家である。

オペラ『美しきパースの娘』、バレエ『ジゼル』の台本などで、今日でも名を知られている。

プロフィール[編集]

サン=ジョルジュは1799年にパリで生まれた。

サン=ジョルジュは、1823年に最初の作品『Saint-Louis ou les deux dîners』を執筆した。彼はウジェーヌ・スクリーブテオフィル・ゴーティエなどとの共同執筆も含めて70本以上の作品を残している。

サン=ジョルジュは1829年オペラ=コミック座の管理者となったが、その後も旺盛な執筆活動を続けた。彼の書いたオペラ台本の殆どはオペラ・コミックの形式を取っていたが、アレヴィの『キプロスの女王(en:La reine de Chypre)』(1841年)は、グランド・オペラ形式だった。

バレエ、オペラ、ヴォードヴィル、さらには小説などのさまざまな作品を残したサン=ジョルジュは、1875年にパリで死去した。

主な作品[編集]

オペラ[編集]

バレエ[編集]

その他[編集]

  • Saint-Louis ou les deux dîners1823年、ヴォードヴィル)
  • Un Mariage de prince(小説)

脚注[編集]

  1. ^ テオフィル・ゴーティエの小説「ミイラ物語」(Le Roman de la Momie)に想を得た作品である。

出典[編集]