ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル
生誕 1836年3月14日
トゥルナン
死没 1911年2月24日(74歳)
パリ
国籍 フランスの旗 フランス

ジュール・ジョゼフ・ルフェーブルJules Joseph Lefebvre, 1836年3月14日 トゥルナン –1911年2月24日 パリ)は、フランスの人物画家

生涯[編集]

ルフェーブルは1852年エコール・デ・ボザールに入学し、レオン・コニエen:Léon Cogniet)の下で絵を学んだ。1861年、『プリアモスの死』でローマ賞を受賞。1855年から1898年にかけて、パリ・サロンに72点の肖像画を出展した。1891年には、フランス芸術アカデミーのメンバーになった。

ルフェーブルはパリのアカデミー・ジュリアンの講師だった。優秀にして思いやりのある教師としてアカデミーに欠かすことができない存在だった。多くのアメリカ人を含む、1,500人またはそれ以上の教え子たちの中には、スコットランド生まれの風景画家ウィリアム・ハートen:William Hart (painter))やジョルジュ・ロシュグロスen:Georges Rochegrosse)、ジョン・ノーブル・バーロウen:John Noble Barlow)、チャイルド・ハッサムen:Childe Hassam)、フランク・ウェストン・ベンソンen:Frank Weston Benson)、エドモンド・チャールズ・ターベルen:Edmund Charles Tarbell)、それにフェルナン・クノップフらがいた。エコール・デ・ボザールでも長く教授を務めた。

ルフェーブルの描く絵は、もっぱら1人の美しい女性を描いた人物画だった。

M・L・レイノーやナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト皇太子(1874年)の肖像画も描いた。パリ万国博覧会1等メダル(1878年)、名誉勲章(1886年)など数々の勲章を授与され、さらにレジオンドヌール勲章コマンドール、フランス学士院会員であった。


ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]