ジュリオ・ポレリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリオ・チェーザレ・ポレリオGiulio Cesare Polerio, 1548年ランチャーノ-1612年ローマ)はイタリアチェスの選手。

ランチャーノがアブルッツォ地方にあるためラブルッツェーゼ(l'Abruzzese)と呼ばれたポレリオは1575年、友人のジョヴァンニ・レオナルドに同行してマドリッドに赴いた。彼らはチームとしてプレーし、手強いルイ・ロペスやスペインのほかのチェスマスターであるアルフォンソ・セロンとチェスの腕を競った。このイタリア人たちにはパオロ・ボーイ、通称イル・シラクザーノ(Il Siracusano)が加わった。

1575年の試合の後、ポレリオはマドリッドに残ることに決めた。1580年と1600年の間に書かれたいくつかの手稿本が彼に帰せられている。当時のスペインとイタリアのチェスを鑑賞することができるのは、主に彼の作品による。

ローマへの帰還の後、ポレリオはソーラ公ジャコモ・ボンコンパーニのチェスの師になった。1606年、彼はローマでジェロニモ・カッショとの試合に敗れた。