ジュリエット・レカミエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリエット・レカミエ、ジャック=ルイ・ダヴィッド画、1800年。当時ヨーロッパで流行していたギリシャ風の衣装をまとっている

ジュリエット・レカミエ(通称Juliette Récamier, 全名:Jeanne-Françoise Julie Adélaïde Bernard Récamier, 1777年12月4日 - 1849年5月11日)は、19世紀フランスの文学・政治サロンの花形となった女性。 世界の歴史の中でも、最も美しい女性と云われている。 ジャック=ルイ・ダヴィッドフランソワ・ジェラールの描いた肖像画やナポレオンとの関わりによって歴史に名を残した。

生涯[編集]

リヨンで生まれ、1793年に30歳以上年上の銀行家ジャック・レカミエと結婚。当時、ジャックは事実上ジュリエットの実の父で、彼女を自分の正統な相続人とするために結婚したのではないかといわれた(白い結婚)。 二人の間に、夫婦らしい関係はなかったが、非常に人気の高い夫人を夫は面白おかしく見ていた。 レカミエ夫人は、美しい容姿を持ち、強く美しい目をしており、髪は短く(当時は珍しい)、ギリシャ風の衣装を好んだ。 性格は、聡明であり、非常に信念が強く、忍耐も強く、頑固で、教養が高かった。

執政政府時代(1799年-1804年)に彼女が開いたサロンには、元王党派を含む多くの文人や政治家が集まった。ジャン=バティスト・ベルナドット(のちのスウェーデンカール14世ヨハン)やジャン・ヴィクトル・マリー・モローもいた。スタール夫人シャトーブリアンバンジャマン・コンスタンと親交を結んだ。 テレーズ・カバリュスと友人であり、後にナポレオンの妻になるジョゼフィーヌ・ド・ボアルネとも一時、友人であった。 1795年、ナポレオンは、国内軍司令官になって、パリのサロンに出入りするようになり、彼女と出会っている。ナポレオンの妹、ポーリーヌ・ボナパルトは、レカミエ夫人に憧れており、ナポレオンの弟、リュシアン・ボナパルトは、レカミエ夫人に何度も、熱烈なアプローチをしていた。

1804年に、ナポレオンが、皇帝に就任したとき、反対した。 皇帝になったナポレオンに、手紙と部下の伝達によって、愛人になるよう強要されたが、断った。 ナポレオンは、レカミエ夫人を愛人にするために、彼女への贈り物として、ジャック=ルイ・ダヴィッドに、肖像画を依頼し、『レカミエ夫人』を制作した。しかし、レカミエ夫人本人は気に入られず(制作理由が気に入らなかった)、未完成に終わってしまった。そして、ナポレオンと対立するスタール夫人と親交を結び、ナポレオンはそれを不快に思った。帝政時代の1811年にナポレオンと対立し、パリを追放された。 その後、故郷リヨン、ローマナポリに滞在した。

ナポレオンによって、夫のジャックの資産が無くなり始めたため、1815年、スイスに隠遁するスタール夫人を訪ね、夫との離婚を画策した。プロイセン王子アウグスト・フォン・プロイセンとの結婚を考えていたといわれる。アウグストはレカミエ夫人に熱烈な好意を持っていた。しかし夫は離婚に応じず、やがて全財産を失った彼女は1819年にパリのオー・ボワ修道院へ引きこもった。ここへ定期的に通ってきたのが、シャトーブリアンであった。彼を含め、政治家モンモランシー=ラヴァル公、作家ピエール・シモン・バランシュ、随筆家ジャン=ジャック・アンペールといった面々と親交を結んだ。年を重ね、病がちになってもレカミエ夫人はその魅力を失わなかったといわれる。

現在、世界中のケーキ屋、世界の様々な洋菓子の名前に、レカミエ夫人の名前が使われている。

外部リンク[編集]