ジュリアーノ・ダ・マイアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアーノ・ダ・マイアーノGiuliano da Maiano, ? - 1490年12月3日)は、ルネサンス期の彫刻家、木工細工師。ベネデット・ダ・マイアーノの兄。

経歴[編集]

石工のレオナルド・ディ・アントーニオの子として、フィエーゾレ近郊のマイアーノで生まれる。1463年7月20日、そして1465年4月19日に、相次いでスケッジョーネアントニオ・マネッティによって始められていたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の聖具室の寄木細工の作成を委託された。

1473年6月12日パラッツォ・ヴェッキオの百合の間と謁見の間を仕切る扉の作成を依頼され、ベネデットとともにこれを製作した。彼はまた、1473年パラッツォ・ヴェッキオの広間建設についての監督をしたと推定されている。

彼はナポリ王に召還されたが、1490年にそこで客死した。

主要作品[編集]

  • 戸棚寄木細工(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂聖具室 フィレンツェ

参考文献[編集]

  • ジョルジョ・ヴァザーリ著 森田義之監訳『ルネサンス彫刻家建築家列伝』(白水社)