ジュリアナ・ハットフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリアナ・ハットフィールド
Juliana Hatfield
Juliana Hatfield.jpg
2006年3月撮影
基本情報
出生 1967年7月27日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メイン州 ウィスカセット
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
インディー・ポップ
職業 ミュージシャンシンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターベースドラムスパーカッションピアノオルガンキーボードホルンハーモニカ
活動期間 1986年 -
レーベル American Laundromat Records、Mammoth、Zoë、アトランティック、Bar/None、Ye Olde
共同作業者 ブレイク・ベイビーズサム・ガールズレモンヘッズ、マイナー・アルプス
公式サイト www.julianahatfield.com

ジュリアナ・ハットフィールドJuliana Hatfield1967年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャンシンガーソングライター。大学在学中にロックバンドブレイク・ベイビーズのメンバーとしてデビューし、現在はソロで活動する。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1967年メイン州ウィスカセットに生まれる。ハットフィールドの父フィリップは放射線科の医師であり、ベトナム戦争時に空軍軍医を務めた経歴もある[1]ボストン郊外の町ダックスベリーで2人の兄弟と共に育ち、10代前半から音楽に目覚める。ハットフィールドは高校卒業後にボストン大学に進学し、その後は名門バークリー音楽大学に編入しピアノを専攻した。

ブレイク・ベイビーズ[編集]

1986年、大学在学中にジョン・P・ストロームとフリーダ・ボナー(現フリーダ・ラヴ)と出会い、ブレイク・ベイビーズを結成し、ハットフィールドはボーカルベースギターピアノを担当した。バンドはノースカロライナ州インディーズレーベルであるマンモス・レコードと契約、1987年に1stアルバム『Nicely, Nicely』でデビューし、カレッジラジオを中心に支持を集め、アメリカやヨーロッパでツアーを行った。バンドはその後2枚のアルバムをリリースし、初期のパンキッシュな曲調から初期R.E.M.ニール・ヤングから影響を受けたメロディアスなギターポップにシフトしていった。1991年にバンドは解散した。

レモンヘッズ[編集]

ブレイク・ベイビーズ解散後の1991年、ハットフィールドはレモンヘッズに加入しバンドの5枚目のアルバム『It's a Shame About Ray』のレコーディングに参加。ベースとコーラスを担当し、'92~'93年の間に行われたツアーにも参加した。

ソロ活動開始[編集]

ハットフィールドは同時期にソロ活動も開始しており、1992年3月にソロデビューアルバム『Hey Babe』をリリースした。アルバムは1992年にリリースされたインディーズアルバムで最も売れたアルバムの一つとなった。この頃ドラマーにトッド・フィリップス、ベーシストにディーン・フィッシャーを募り、ジュリアナ・ハットフィールド・スリーを結成する。1993年に1stアルバム『Become What You Are』をリリース。アルバムの楽曲はラジオで頻繁に取り上げられるようになり、中でも収録曲「My Sister」はModern Rock Tracksチャートで1位を獲得するなど彼女にとって最大のヒット曲の一つとなる。1994年にバンドは解散。

1995年3月に2ndソロアルバム『Only Everything』をアトランティック・レコードよりリリース。よりヘヴィでアップテンポな作風となり、ハットフィールドも本作について「ボリュームとディストーションを大きくして、すごく楽しかった[2]」と語っている。1997年にも3枚目となるはずだったアルバム『God's Foot』をリリース予定だったが所属レーベルとの確執によって未発表となる。メジャーレーベルの契約上の義務から開放されるためインディーズレーベルBar/NoneよりEP『Please Do Not Disturb』をリリース。また『God's Foot』の長期に及ぶセッションの反発から、6日間でレコーディングした3rdアルバム『Bed』を1998年8月にリリースした。

2000年代以降[編集]

2000年の4枚目のアルバム『Beautiful Creature』は自身のキャリアで最も賞賛されたアルバムの一つとなった[3]。同年に3人編成で制作された5枚目のアルバム『Juliana's Pony: Total System Failure』をリリース。2001年に新バンドであるサム・ガールズを結成し、ソロ活動と平行して活動。2002年には自身初のベスト・アルバム『Gold Stars 1992–2002: The Juliana Hatfield Collection』を発表した。2004年発表の6枚目のアルバム『In Exile Deo』はエンジニアにピンクアヴリル・ラヴィーンのスタッフらが参加し、コマーシャルな音楽性を獲得。自主レーベルであるYe Oldeからリリースした2005年の7枚目のアルバム『Made in China』は、前作の反発からより生々しくダークなサウンドを展開した。同年に彼女の10代からの憧れであるXとツアーを行った。2008年に3年ぶり8枚目のアルバム『How to Walk Away』をリリースし、好意的なレビューに迎えられた[4]

2010年2月に作曲、演奏、プロダクション、エンジニアリングやミキシングをすべて自身の手で行った9枚目のアルバム『Peace & Love』を発表[5][6]。12月にレモンヘッズのイヴァン・ダンドと共にニューヨークで2回アコースティック・ライヴを開き、チケットはソールドアウトと好評だったため、翌年1月までアコースティック・ツアーを行った。2011年8月に10枚目のアルバム『There's Always Another Girl』を発表し、ダウンロード版は自身の誕生日である7月27日に利用可能となった。2012年8月にセルフタイトルカバーアルバム『Juliana Hatfield』をリリース。ザ・フークリーデンス・クリアウォーター・リバイバルレッド・ツェッペリンなどのカバー曲を収録した。2013年9月に12枚目のアルバム『Wild Animals』をリリース。『Peace & Love』に続く自主制作アルバムとなった。同年10月にはサイド・プロジェクトであるマイナー・アルプスの1stアルバム『Get There』を発表。2014年にはジュリアナ・ハットフィールド・スリーを再結成させ、2015年2月に20年半ぶりの2ndアルバム『Whatever, My Love』を発表した。

作品[編集]

ソロアルバム[編集]

  • Hey Babe (1992年)
  • Only Everything (1995年)
  • Bed (1998年)
  • Beautiful Creature (2000年)
  • Juliana's Pony: Total System Failure (2000年)
  • In Exile Deo (2004年)
  • Made in China (2005年)
  • How to Walk Away (2008年)
  • Peace & Love (2010年)
  • There's Always Another Girl (2011年)
  • Juliana Hatfield (2012年)
  • Wild Animals (2013年)

EP[編集]

  • Forever Baby (1992年)
  • Please Do Not Disturb (1997年)
  • Sittin' in a Tree (2007年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Gold Stars 1992–2002: The Juliana Hatfield Collection (2002年)

ライブ・アルバム[編集]

  • The White Broken Line: Live Recordings (2006年)

ジュリアナ・ハットフィールド・スリー[編集]

  • Become What You Are (1993年)
  • Whatever, My Love (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Philip Hatfield, Radiologist; 62”. The Boston Globe (2001年2月1日). 2015年2月24日閲覧。
  2. ^ Hatfield, Juliana. “Juliana Hatfield Background”. JulianaHatfield.com. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  3. ^ Juliana Hatfield: Beautiful Creature (2000): Reviews”. メタクリティック. 2015年2月24日閲覧。
  4. ^ How To Walk Away Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com. 2015年2月24日閲覧。
  5. ^ Juliana Hatfield”. 2015年2月24日閲覧。
  6. ^ Juliana Hatfield's New Album, Peace And Love, Coming in January”. Paste. 2015年2月24日閲覧。