ジュリアス・チャロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアス・チャロフ(Julius Chaloff, 1892年9月2日1979年10月)は、アメリカ合衆国ピアニスト・ピアノ教師・作曲家ロシア系の両親のもとにボストンに生まれる。著名なピアノ教師のマーガレット・ステッドマンと結婚した。息子サージはジャズ・ミュージシャンとなり、ウディ・ハーマンの楽団員として名を馳せた。門弟にも著名なジャズ・ミュージシャンがおり、キース・ジャレットケニー・ワーナーチック・コリアハービー・ハンコックスティーヴ・キューンらを擁する。

少年時代に並外れた楽才を発揮して11歳でニューイングランド音楽院に入学し、アルフレッド・デヴォートーに師事した。6年間在籍した後、17歳でディプロマを修得し、当時最年少の卒業生となった。上級クラスに在籍中に、メイソン・アンド・ハムリン社によるピアノ・コンクールで1位になった(審査員はジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィックチャールズ・マーティン・レフラーならびにマックス・フィードラーであった)。

チャロフは長年ヨーロッパに過ごし、ベルリンでポーランド人ピアニストのイグナツ・フリードマンに師事した。作曲と指揮法はフーゴー・カウンに師事している。1913年1月18日に、ブリュートナー交響楽団(Symphonisches Blüthner-Orchester Berlin )と共演してベルリンにデビューし、著しい成功を収めた。

1913年に機械の天才チャールズ・ストッダードと出逢い、アンピコ社のために自動再生ピアノを開発して完成させる。この楽器は、黄金時代の偉大なヴィルトゥオーゾの至芸を後世に伝えるものとなり、ラフマニノフレヴィーンなどのアメリカ在住の著名なコンサートピアニストが、アンピコ社に録音した。チャロフもまたその一人となった。現存する作品はごくわずかであり、チャロフが遺したレコードの数は、次のように数少ない。

外部リンク[編集]