ジュリアス・ストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアス・ストーン(Julius Stone、1907年7月7日 - 1985年)は、オーストラリア法哲学者・国際法学者である。

略歴[編集]

イギリスリーズ)出身、ハーバード・ロー・スクール(HLS)ロスコー・パウンド(Roscoe Pound)に師事。Harvard Law SchoolでAssistant Professorを務めた後、リーズ大学、Auckland Collegeを経て、シドニー大学教授(Challis Professor of Jurisprudence and International Law。このChairは一つのDepartmentを組織する強大なChairであったが、ストーンの死後、JurisprudenceとInternational Lawに分割された)に就任。退官後はニューサウスウェールズ大学教授。

なお、シドニー大学とは、退官後疎遠であったが、死後、シドニー大学内に、Julius Stone Institute of Jurisprudence(外部リンクに、HPアドレスを記載)が設置された。

業績[編集]

法哲学・国際法学の両分野にまたがり、数多くの業績を残した(詳細は、参考文献に掲げた文献目録を参照)。

  • 法哲学

The Province and Function of Law(1947年)は、標準的テキストブックとして広く流布した(後に改訂増補され、Legal System and Lawyers' Reasonings(1964年)、Human Law and Human Justice(1965年)、Social Dimentions of Law and Justice(1966年)の三部作として出版された)。

また、研究初期から一貫して検討してきたCategory of illusiony referenceは、Pecedent and Law:The Dynamics of Common Law Growth(1985年)にまとめられている。

  • 国際法学

Legal Controls of Ineternational Conflicts(1954),Visions of World Order(1984年)が主著であるが、Hot Lineを提唱したQuest for Survivalもまた重要である。

  • 他の学者との関係では、Legal System and Lawyers' Reasoningsに対するケルゼン(Hans Kelsen)の反論(Professor Stone and Pure Theory of Law(1965)17 Stanford Law Review)は、ケルゼン自身の考えを知る上でも重要である。

翻訳[編集]

  • 平野敏彦訳「正義は平等に非ず」(カメンカ/イア-スーン・テイ編『正義論』所収)

参考文献[編集]

記念論文集[編集]

  • Blackshield(ed),Legal Change(Butterworth,1983)(著作目録を含む)
  • a Julius Stone Memorial Issue,(1986)University of New South Wales Law Journal

伝記[編集]

  • Barbara Drexler Hathaway,Julius Stone:a Bio-Bibliography(Tarlton Law Library、1980)(著作目録を含む)
  • Leonie Star、Julius Stone:An Intellectual Life(Oxford UP)1992)(伝記)
  • Ilmar Tammelo、法論理学の原理と方法(慶應通信)(TammeloはStoneの同僚。巻末に、Stoneの仕事ぶりが記載されている)

個別研究[編集]

  • Helen Irving, Jacqueline Mowbray and Kevin Walton(ed),Julius Stone: A Study in Influence(Federation Press,2010)

文献紹介等[編集]

  • 碧海純一、Julius Stone(伊藤正己編『法学者 人と作品』所収)
  • 碧海純一、法哲学論集
  • 碧海純一、法哲学概論(巻末文献解題)
  • 早川武夫、著書紹介 Legal System and Lawyers' Reasonings(1966-1)アメリカ法
  • 稲垣良典、著書紹介 Human Law and Human Justice(1966-1)アメリカ法
  • 松平光央、著書紹介 Social Dimentions of Law and Justice(1967-2)アメリカ法
  • 松平光央、ストーン著「20世紀後半における方と社会科学」(1966)40法律論叢(明治大学)
  • 川口実、ジュリアス・ストーン著「法と社会科学」(1967)40法学研究(慶応義塾大学)
  • 土屋茂樹、ストーン「侵略と世界秩序」(1959)65法学論叢(京都大学)
  • 高橋通敏、Julius Stone;Conflict through Consensus,1977 (1979)77国際法外交雑誌

外部リンク[編集]