ジュラのワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュラのワイン(仏 Vin de Jura)は、フランス東部の、スイスと国境を接するジュラ県で生産されるワインである。

ピノ・ノワール種による赤ワインも少量生産されているが、大半は白ワインで、サヴァニャン種から造られる白ワインが多い。

この地方で特に個性的なワインは、vin jaune(黄ワイン)と呼ばれるもので、シェリーと似た作り方をする、かなり黄色みの強い辛口の白ワインで、ブドウの強い香りのほかに、紹興酒のような香りがつき、非常に深い味わいがある。

また、vin de Paille(麦わらのワイン)は、遅摘みしたブドウを麦わらの上で乾燥させ、ワインにするもので、やはり濃い黄色で、甘口である。

この地区のAOC

  1. Arbois
  2. Château-Chalon
  3. L'Etoile AOC
  4. Macvin du Jura
  5. Côtes du Jura
  6. Crémant du Jura

の7つで、4までが地区名AOC,5がこの地域全体のAOC, 6はスパークリングワインである。生産量が少ないため、希少価値があり、高価なものが多い。ワインボトルは、フランス標準の750mlではなく、ル・クラヴランという寸胴型でずんぐりした620ccの黄緑色のものが使われている。