ジュゼッペ・トレッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・トレッリ
Giuseppe Torelli
Giuseppe Torelli.jpg
基本情報
出生 1658年4月22日
イタリアの旗 イタリアヴェローナ
死没 1709年2月8日(満50歳没)
イタリアの旗 イタリアボローニャ
職業 作曲家、ヴァイオリニスト
活動期間 盛期バロック

ジュゼッペ・トレッリ(またはトレルリ)(Giuseppe Torelli, 1658年4月22日ヴェローナ - 1709年2月8日ボローニャ)は、イタリア盛期バロック音楽作曲家ヴァイオリニスト。《合奏協奏曲》作品8や《トランペット協奏曲》、《トランペット・ソナタ》で有名。

ボローニャジャコモ・アントニオ・ペルティに師事。1684年6月27日に、ボローニャのアカデミア・フィルアルモニカの会員となる。1685年から1695年までボローニャのサン・ペトロニオ大聖堂の指揮者を務め、1697年から1699年までブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒ2世の宮廷楽団で過ごす。1699年12月、ボローニャへの帰路、ウィーンにおいてオラトリオを上演した。

  • ヴァイオリンと通奏低音のための12のソナタ 作品4(1688年)
  • 4声のヴァイオリンのための協奏曲 作品6(1698年)
  • クリスマス協奏曲 作品8-6 (1709年)

外部リンク[編集]