ジャービル・アル=ムバーラク・アッ=サバーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャービル・アル=ムバーラク・アッ=サバーハアラビア語: جابر المبارك الصباح‎, 英語: Jaber II Al-Sabah1860年 - 1917年2月5日)は第8代目クウェート国首長(在位1915年 - 1917年)でサバーハ家当主。なお、現在までの歴代首長に同名の首長が2人いるので「世界王朝王名総覧」では『ジャービル2世』と表記。

父はムバラク大首長。子はアブドゥッラー、アフマド首長(第10代目クウェート首長)。父の晩年に関係が悪化したサウジアラビアアブドゥルアズィーズ・イブン=サウードとの関係修復に尽力するが、病弱なために在位2年で病死。首長位は弟のサーリム首長が継承。

参考文献[編集]

  • 「世界王朝王名総覧」(1998年9月30日、東洋書林)
  • 広瀬隆「世界石油戦争」(2002年6月30日、NHK出版)