ジャン2世 (エノー伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エノー伯ジャン2世

ジャン2世(Jean II, 1247年 - 1304年8月22日)は、エノー伯(在位:1280年 - 1304年)。後に母の縁でホラント伯ゼーラント伯領も獲得した(在位:1299年 - 1304年)。父はエノー伯ジャン1世、母はホラント伯フロリス4世の娘アーデルハイト。

1257年に父が死去したが、祖母のフランドル女伯マルグリット2世が復位した為、1280年の祖母の死によってエノー伯を継承した。1299年、従甥のホラント伯ヤン1世が子の無いまま没したので、ホラント伯も手に入れた。

叔父のフランドル伯ギー・ド・ダンピエールに対抗するため、フランスフィリップ4世の援助を求めた。フィリップ4世もこれに応え、1300年にギーを捕らえ、フランスに併合した。ジャン2世も勢力を伸ばし、1301年に弟のギーをユトレヒト司教に立てた。

しかしフランドル市民が反抗、金拍車の戦いでフランス軍を打ち破られ、長男のジャンを失った。更にブラバント公ジャン2世に攻め込まれ、ホラント、ゼーラントのほとんどを奪い取られた。そして1304年に捕虜になり、ヴァランシエンヌに連れて行かれ、失意のうちに亡くなった。後に三男のギヨームが奪回、1323年に領有を認められた。

子女[編集]

1270年ルクセンブルク伯ハインリヒ5世の娘フィリッパ(1311年4月6日没)と結婚。12人の子を儲けた。

先代:
マルグリット2世
エノー伯
1280年 - 1304年
次代:
ギヨーム1世
先代:
ヤン1世
ホラント伯ゼーラント伯
1299年 - 1304年
次代:
ギヨーム3世