ジャン2世・ド・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン2世・ド・ベリー(Jean II de Berry)またはジャン・ド・ヴァロワ(Jean de Valois, 1363年 - 1401年)は、ベリー公ジャンと最初の妃ジャンヌ・ダルマニャック(ベルナール・ダルマニャックの叔母に当たる)の次男。モンパンシエ伯。

1386年にフランスシャルル5世の娘で従妹に当たるカトリーヌ・ド・ヴァロワと結婚したが、1388年に死別した。次いで1390年にブルボン家傍系(ただしブルボン朝の祖アンリ4世の直接の先祖にあたる)のラ・マルシュ伯ジャン1世の娘アンヌ・ド・ブルボン=ラ・マルシュと再婚した。

1401年に父ベリー公に先立って死去し、子供を残さなかった。モンパンシエ伯位は父を経て、その死後は末妹マリーに相続され、マリーの3度目の嫁ぎ先であるブルボン家に継承された。