ジャン=ルー・ガイイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ルー・ガイイ(Jean-Loup Gailly)はgzipの原著作者である。彼はInfo-ZIP英語版のポータブルアーカイバにおける圧縮コードを作成し、PKZIP英語版アーカイバと互換性のある、MS-DOS用のツールを作成した。彼はマーク・アドラーと共同でzlib圧縮ライブラリを作り上げた。

彼は、マーク・ネルソン(Mark Nelson)のThe Data Compression Book[1][2]におけるフラクタル画像圧縮(fractal image compression)の章を執筆している。

1990年から1995年にかけて、彼は、ChorusOSマイクロカーネルリアルタイム実行性を設計していた。

1999年から2001年にかけては、彼は、Mandrakesoft最高技術責任者(CTO)を務めた。

2006年10月からは、彼は、Google技術先導マネージャ(Tech. Lead Manager)として勤務している。

2009年にはマーク・アドラーと共にzlibアルゴリズム開発の功績を讃えられ、USENIX Software Tools User Group(STUG)アワードを受賞している[3]

彼は現在コンピュータセキュリティ分野と囲碁に興味を持っている。

脚注[編集]

  1. ^ ISBN 978-0132028547
  2. ^ The Data Compression Book” (2007年9月20日). 2011年2月15日閲覧。
  3. ^ USENIX STUG Award” (2010年6月23日). 2011年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]