ジャン=ルイ・ヴェレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ルイ・ヴェレ(Jean-Louis Véret 1927年 - )はフランス建築家

経歴[編集]

1927年パリに生まれる。

エコール・ナシオナル・デ・ボ-ザールにてルイ・アレシュ とジョルジュ・グロモールに師事。そこで出会ったピエール・リブーレおよびジェラール・テュルノエとともに、ミッシェル・エコシャールの指導のもと、1949-1950年にモロッコの都市計画ミッションに参加。彼らはひとつの協同プロジェクト(フェズ大学)によって1952年に学位を取得する。

ル・コルビュジエのアトリエに入所後、1952年に監理責任者としてアーメダバードの現場に派遣され、そこで1955年まで4つの実現作を含むル・コルビュジエの「ほとんどのプロジェクト」を担当する。その後はエコシャールのパリのアトリエでリブーレとテュルノエに合流、カラチ大学のプロジェクトに参加。

1958年11月にリブーレ、テュルノエそしてジャン・ルノディーとともに協同組合的工房アトリエ・ド・モンルージュを設立。同工房の実現作のうち、EDF(フランス電力公社)のイヴリ=スュル=セーヌの職員住宅(1967)、オルレアン事務所(1968)およびレ・ミュローの研修センター(1974)の設計に寄与。これら三作品はそれぞれ(順に)ショーダン邸繊維業者協会会館そしてサラバイ邸を連想させる特徴(内外空間の複雑な相互貫入、ブリーズ-ソレイユ、煉瓦の使用等)をもっている。1968年にルノディーが、次いで1979年にリブーレが退所した後、ヴェレとテュルノエはアトリエの自主解散を決める。

1981年に自分の事務所を設立して独立。

1984年にパリのシテ・ド・ラ・ミュジィークの設計競技でかつての同僚ヤニス・クセナキスの計画案に協力したが、クリスティアン・ド・ポルザンパルクに敗れる。

彼は多くの国有既存建築の修復等に関与しており、とくにサヴォワ邸の修復を担当したことで知られる。パリ=ラ・ヴィレットの国立高等建築学院で教えた。

主要実現作[編集]

アーメダバード(インド)におけるル・コルビュジエ作品バルクリシュナ・ヴィタルダス・ドーシと協働)

  •  1951 : サラバイ邸
  •  1954 : 繊維業者会館

アトリエ・ド・モンルージュ時代(直接ヴェレが担当した作品)

  •  1959-1965 : メルリエのヴァカンス村、 ラマテュエル(ヴァール県
  •  1962 : ムーラン・ド・ジャン・メサジエ、コロンビエ=フォンテーヌ

独立後

  •  1985-1992 : フイルム・アーカイヴの施設、ボワ・ダルシィ(イヴリーヌ県
  •  1985-1992 : サヴォワ邸の修復、ポワシィ
  •  1986 : シュウ・ウエムラのブティックとパリ本社、ブールヴァール・サン=ジェルマン、パリ
  •  1982-1990 : アヴィセンヌ病院研究棟、ボビニー

参考文献[編集]

  •  "Les archives du film", Architecture du 20e siècle en Île-de-France, éd. URCAUE-MCC-DAPa, 2001 
  • 「ジャン-ルイ・ヴェレ インタビュー - 聞き手:山名善之」、ル・コルビュジエのインド、彰国社、2005年所収。